ホーム > フランス作家 > マルセル マルソー > マルセル マルソー略歴

マルセル マルソー
Marcel Marceau(1923-2007)


 1923年  フランスのストラスブールでユダヤ人の父・シャルルと母アンヌの間に生まれる(本名Marcel Mangel)
 
 1939年  フランスが第二次世界大戦に突入、その影響により家族でリモージュに移住を強いられる

        ドイツ軍のフランス侵攻に伴い、ユダヤ人であることを隠すために姓をMangelからMarceauに変える

        父・シャルルがゲシュタポによって捕らえられる

        シャルル・ド・ゴールの自由フランスに参加、堪能な英語力でジョージ・パットンの軍隊の渉外係として働く
        
 1944年  父・シャルルがアウシュビッツ強制収容所で亡くなる

 1946年  チャップリンの映画がきっかけで俳優を志し、サラ・ベルナール劇場の中のシャルル・デュランの演劇学校に入門

        デュランとエチエンヌ・ドゥクルーに師事して演劇や身体を使ったパフォーマンスを学ぶ

        ジャン=ルイ・バローが立ち上げた劇団に参加するがほどなく、パントマイムを追求するために離れる

        バローの劇団のパントマイム『Baptiste』で演じた道化役で好感触を得たことを弾みに最初の無言劇
        『プラクシテレスと黄金の魚』をサラ・ベルナール劇場で公演し、高い評価を得る

 1947年  彼の代名詞ともいえるキャラクター「Bip」を創造。白く塗られた顔、よれよれのシルクハット、
        帽子に力なく飾られた花、ストライプのシャツなどはパントマイムの一般的なイメージとして認
        知されるほど、大衆にアピールし影響を与えた

        言葉を発せず体ひとつで表現されるそのパフォーマンスは高い評価を受け、とりわけ有名な
        『若さ、成熟、老年そして死』と呼ばれているスケッチは評論家をして「彼は小説家が何冊
        書いても表現しきれない世界を2分で表現してしまう」と言わしめた

 1948年  2番目の無言劇『夜明け前の死』で、18世紀の著名な無言劇俳優ドビュローを記念して創設された賞「ドビュロー賞」を受賞

        その後、当時世界唯一といわれたパントマイム専門の劇団「Compagnie de Mime Marcel Marceau」を設立

        ゴーゴリの『外套』の翻案や『フルート吹き』『文体練習』『闘牛士』『小さなサーカス』『笑うパリ、涙のパリ』等
        多くの無言劇のシナリオを制作・公演した。この頃まではフランス・パリを中心にさまざまな劇場での活動が主であった

 1955年  アメリカでデビュー。ニューヨークでの大絶賛を受けて、より大きな会場でのパフォーマンスが行われたライブ・
        パフォーマンスは南米、アフリカ、オーストラリア、中国、日本、東南アジア、ロシア、ヨーロッパでも賞賛を受ける

 1966年  詩とイラストが中心の本『Bipの物語』を出版した
        
 1967年  ジェーン・フォンダ主演の映画『バーバレラ』でピング教授役を演じる
        
 1973年  BBCの『クリスマス・キャロル』(ディケンズの作品)ではスクルージ役で登場した

 1976年  メル・ブルックス監督『サイレント・ムービー』では、映画の中で唯一セリフ(「Non!」)をしゃべる役でカメオ出演
 
 1978年  パリに自身が主宰するパリ国際無言劇学校(Ecole Internationale de Mimodrame de Paris)を創設
 
 1989年  クラウス・キンスキー監督・脚本・主演のイタリア映画『パガニーニ』に出演

 1996年  無言劇の振興のためのマルソー財団をアメリカ合衆国に設立

 2000年  自身の劇団を引き連れて新作の無言劇『The Bowler Hat』の世界ツアーを行う
        パリ、ロンドン、東京、台北、カラカス、サントドミンゴ、バレンシア、ミュンヘン、ニューヨークで公演した

 2007年  フランス・カオールの自宅で心臓発作で死去 享年84歳
        パリのペール・ラシェーズ墓地に埋葬され、マルセルが成し遂げた業績と芸術を讃えて2分間の黙祷をささげられた
マルセル・マルソー画面に戻る