ホーム > 日本洋画作家 > 増田誠 > 増田誠略歴

増田誠(1920-1989)

 1920年 5月24日谷村町(現都留市つる一丁目)に生まれる

 1933年 谷村尋常高等小学校卒業
       県立都留中学入学し、中島由多禾教諭に指導を受ける

 1938年 県立都留中学校卒業
       吉田尋常高等小学校に美術の代用教員として奉職

 1939年 吉田尋常高等小学校を退職

 1950年 釧路市に光工芸社を設立
       帝展画家上野山清貢に師事

 1952年 一線美術展に出品、会友となる

 1957年 単身渡仏、7月28日パリ着

 1958年 サロン・デ・アンデパンダンに出品、以降毎年出品

 1960年 ポントワーズ市展に招待出品
       ポントワーズ芸術会員となる
       シェルブール国際展に招待出品、グランプリ受賞

 1961年 モナコ国際展に招待出品、ボジオ賞受賞

 1962年 サロン・ナショナル・デ・ボザールに出品
        パリ市近代美術館の会員に推挙される。

 1963年 サロン・ドートンヌ出品、会員に推挙される

 1964年 ジェビシー市国際展に出品、名誉賞受賞

 1965年 サロン・ナショナル・デ・ボザールに出品、会員に推挙
       ル・サロン・デ・アーチスト・フランぜーズに出品、金賞受賞
       ル・サロン無鑑査となる

 1970年 小田急百貨店にて、第1回個展、以降15回開催
       「20周年記念」一線美術館出品、グランプリ受賞

 1976年 小田急百貨店にて「在パリ20周年記念展」第7回個展

 1987年 都留市において「増田誠絵画展」を開催

 1989年 文化会館にて「郷土を描く、増田誠特別展」を開催
       4月9日肺炎のため死去

       都留市名誉市民第1号の称号を受ける
増田誠画面に戻る