ホーム > 日本洋画作家 > 三岸節子 > 三岸節子略歴

三岸節子(1905-1999)


 1905年  起町(現在の尾西市)に生まれる 

 1921年  淑徳高等女学校を卒業
        上京して洋画家・岡田三郎助に師事 

 1922年  女子美術学校(現在の女子美術大学)2学年に編入、
        三岸好太郎と出会う 

 1924年  女子美術学校を首席で卒業、9月三岸好太郎と結婚 

 1925年  春陽会第3回展に初出品、初入選
        婦人洋画協会結成参加 

 1932年  参加していた春陽会離脱
        独立美術協会第2回展に出品、入選 

 1934年  夫・好太郎死去(享年31) 

 1936年  長谷川春子ら女性画家7人で七彩会を結成 

 1939年  新制作派協会会員となる 

 1945年  戦後初の個展開催(銀座・日動画廊) 

 1947年  女流画家協会の創立に発起人として参加 

 1948年  洋画家・菅野圭介と別居のかたちをとり再婚 

 1951年  昭和25年度芸能(現在の芸術)選奨文部大臣賞受賞 

 1953年  菅野圭介との結婚を解消 

 1954年  初めて渡仏し、翌年帰国 

 1957年  軽井沢の山荘で独居生活 

 1964年  現在の神奈川県大磯に転居 

 1967年  収集した好太郎の遺作220点を北海道に寄贈 

 1968年  再び渡仏し、南仏カーニュに住む 

 1969年  女流美術家による総合展〈潮〉の結成に参加 

 1974年  ブルゴーニュの小さな農村ヴェロンに移住 

 1977年  ヒマラヤ美術館(名古屋)が開館、三岸節子作品室が設置 

 1983年  北海道立三岸好太郎美術館が寄贈作品を基に開館 

 1986年  勲三等宝冠章受章 

 1988年  尾西市名誉市民推挙 

 1989年  帰国、神奈川県大磯に定住 

 1990年  朝日賞受賞 

 1991年  三岸節子展<画業65年>開催(米・ワシントン女性芸術美術館) 

 1994年  女性洋画家として初の文化功労者となる 

 1998年  尾西市三岸節子記念美術館が生家跡地に開館 

 1999年  4月18日逝去。享年95歳 
三岸節子画面に戻る