ホーム > 近代美術作家 > ミロ > ミロ略歴

ファン ミロ(1893 - 1983)
Joan Miro


 1893年  バルセロナに宝石細工・時計製造職人の息子として生まれる
        両親から譲り受けた近郊のモントロイドの農場に住む
 
 1907年  バルセロナのラ・リョンハ(聖ルカ)美術学校に入学
        目を閉じて物を触り、その触感からデッサンすることを教わる

 1910年  両親の希望で商社に勤務したが、神経衰弱を患い、画家になることを許された

 1912年  私立フランシスコ・ガリ美術学校に入学

 1915年  フォーヴに影響を受けながらもカタロニアの風土性を強く残した肖像画や風景画
        を描きはじめる(カタロニア的フォーヴィスム)( -17)
  
 1918年  ダルマウ画廊で初めての個展
 

 1919年  パリを訪れ、ピカソと交友を結ぶ
        この後の20年間は、パリとバルセロナを行き来しながら制作
 1920年  ダダ運動の代表者でもあるトリスタン・ツァラ、マックス・ジャコブらに会う
        ダダ運動に参加

 1921年  ラ・リコルヌ画廊で個展
        個展は失敗し絵は一枚も売れず、一時モンロチに戻る

 1922年  初期の代表作『農園』を制作
        写実的な絵画制作を行う最後の年となる

 1923年  記号的な絵画の制作を始める
        『耕地』制作
        ボクシングを通じてヘミングウェイと知り合う
  
 1924年  ブルトン、アラゴン、エリュアールら詩人達と知り合い、シュルレアリスムに参加 
        シュルレアリスム宣言に署名、シュルレアリスムを象徴的・寓話的と解釈

 1925年 「シュルレアリスム革命」誌に、作品が掲載される
        シュルレアリスムの絵画展に参加
        ピエール・ローブ画廊で個展が成功   
 1926年  ロシアパレエ団「ロミオとジュリエット」の舞台装飾をマックスエルンストと共同制作

 1928年  オランダへ旅行。『オランダの室内T』等を制作
        古典となった巨匠の作品からインスピレーションを得た作品を数多く制作していく

 1929年  ピラール・ジュン・コーサと結婚
        その後、しばらくの間、表現の危機に陥る。31年まで絵画を制作せず

 1930年  パリのピエール画廊、ブリュッセルのゴーマン画廊で個展
        初めてアメリカで個展開催(NYヴァレンタイン画廊)
        ツァーラの「旅人たちの樹」のための最初の石版画を制作 

 1931年  ピエール画廊でオブジェ彫刻展

 1932年  ピエール・コル画廊でモンロチで描いた小さな油彩群を発表

 1933年  エッチングを初めて手掛ける
        コラージュ的絵画を手掛ける
        スペイン内戦前の不安も現れた暗く悪夢的な絵画を制作

 1936年  スペイン内戦が勃発し、フランスに亡命
        印象派美術館の「現代スペイン絵画」展に出品

 1937年  グランド・ショーミエールのデッサン教室に入室
        生きたモデルに直面し、フォルムをとりもどす契機となる
        アトリエを持たないため、ピエール画廊の中二階で制作を行う
        パリ万国博覧会スペイン館のために壁画『刈り入れ人』を制作

 1939年  ノルマンディ海岸べりの小さな村に転居
        フランコ独裁が始まると、ピカソらと同様、国外から共和国支援と独裁非難をモチー
        フとした作品を国際世論に向けて次々と発表

 1940年  代表作である『星座』シリーズの制作を始める
        独自の造形言語が成立していく
        ドイツ軍侵攻のため、スペイン・マジョルカ島に移り住む

 1941年  ニューヨーク近代美術館で回顧展開催

 1942年  スペインのバルセロナに戻る

 1945年  ニューヨークのピエール・マティス画廊で個展

 1947年  初めてアメリカへ
        シンシナティの高層ビル内レストランの大壁画を制作
        マーグ画廊のシュルレアリスト展に出品

 1948年  パリのマーグ画廊で個展

 1950年  木版画を初めて制作
        翌年にかけてハーバート大学以来の大壁画制作

 1953年  パリのマーグ画廊、NYのピエール・マティス画廊で個展

 1954年  ヴェネツィア・ビエンナーレで国際版画大賞受賞

 1956年  母と妻の故郷であるマジョルカ島パルマに移住

 1959年  ニューヨーク近代美術館、ロサンジェルス美術館で回顧展開催
        ユネスコ本部の壁画「太陽の壁」「月の壁」に対し、グッケンハイム財団国際大賞受賞 

 1962年  パリ市立美術館で回顧展開催

 1964年  ロンドンのテート・ギャラリーとチューリヒ美術館で大回顧展

 1966年  東京国立近代美術館、京都国立近代美術館で回顧展開催

 1967年  カーネギー絵画賞受賞

 1968年  バルセロナの旧聖十字架病院で大回顧展

 1970年  大阪万博のために陶壁画制作

 1971年  シカゴ・アート・インスティテュート、ロンドンのへイワード・ギャラリー
        チューリヒ美術館などて彫刻展( -72)

 1974年  グラン・パレで絵画・彫刻・陶器の大回顧展
        パリ市立近代美術館で大版画展

 1975年  ジョアン・ミロ財団 現代美術研究センターが正式にオープン
        バルセロナのマーグ画廊で代表作品展
        ミロ美術館開館

 1976年  バルセロナに「ジョアン・ミロ財団現代美術研究所」開設

 1978年  マドリードで代表作品展

 1980年  メキシコ近代美術館で回顧展
        日本国内で絵画・素描展が巡回

 1981年  「ミラノのミロ」展がミラノの多くの会場で開催

 1983年  12月25日マリョルカ島のパルマにて死去
ミロ画面に戻る