ホーム > 現代美術作家 > ミズテツオ > ミズテツオ略歴


ミズテツオ(水島哲雄)(1944- )

 1944年  12月13日東京に生まれる

 1967年  生涯の師としてのモディリアニの絵と出合う

 1971年  武蔵野美術学園入学

 1975年  自由美術展に出品、会員となる
         初個展開催(東京)

 1977年  オリジナル詩画集(私家版)の制作を開始

 1983〜88年 5ヵ年にイタリア(ローマ・アンツィオ)に3度渡伊し制作
        自由美術賞受賞

 1986年  バーゼル美術館(スイス)のピカソの部屋を訪れ、ある啓示を受ける

 1987年  フラッグシリーズの制作を始める
        ラヴィニオ(ローマ)聖アンナ教会のステンドグラスを制作

 1988年  フランス人画商、JPシュナイダー氏とヨーロッパ、アメリカでの独占契約を結ぶ
        詩画集「セレナード」、版画集「愛の調べ」を出版(芸術新聞社)

 1989年  パルマ・デ・マヨルカ(スペイン)に滞在制作(〜91年)

 1992年  パリに在住(〜96年)
        パリより400kmのサン・ジャン・ダンジェリーの教会にて大作を制作

 1995年  「小説すばる」(集英社)の表紙絵を1月号より毎号描く

 1998年  冬季オリンピックのフィギアースケート場(ホワイトリンク)エントランスホール
        正面陶壁画(32m×6m)を完成
        
 1996年  戸田競艇場イベントホール床画面(70m×50m)完成。

 1997年  ボーヌ(フランス)に滞在制作

 1999年  戸田競艇場VIPホールモニュメント「男と女」完成

 2000年  イスタンブール(トルコ)滞在 
水島哲雄(ミズテツオ)画面に戻る