ホーム > 現代美術作家 > 元永定正 > 元永定正略歴

元永定正(1922-2011)


 1922年  三重県に生まれる
        県立上野商業学校卒

 1955年  第1回具体美術展以降71年退会まで全展に出品
        絵具のたらし込みなど流動感ある絵画によって、折から世界を
        席巻したアンフォルメルの画家として一躍注目を浴びる

 1959年  第11回プレミオ・リソーネ国際展で受賞(トリノ)

 1964年  第6回現代日本美術展で優秀賞を受賞

 1965年  新しい日本の絵画と彫刻展(ニューヨーク近代美術館・他)

 1971年  第10回現代日本美術展で京都国立近代美術館買上賞

 1977年  第9回カーニュ国際美術展(フランス)

 1980年  現代の作家2高松次郎・元永定正展(国立国際美術館)

 1983年  第2回美術文化振興協会賞を受賞
        第15回日本芸術大賞を受賞
        第4回ソウル国際版画ビエンナーレ展で大賞を受賞

 1985年  元永定正の世界(兵庫県立近代美術館)
        GRUPOGUTAI(スペイン国立現代美術館・他)

 1988年  フランス政府より芸術・文芸シュヴァリエ章を受章

 1981年  紫緩褒章を受賞

 1992年  大阪芸術賞受賞。 1994年 戦後日本の前衛美術展
        (横浜美術館・ニューヨークグッゲンハイム美術館・ソーホ) 

 1995年  戦後文化の軌跡 1945−1955
        (兵庫県立、広島現代、目黒、各美術館) 

 1997年  勲四等旭日小綬章を受章

 1998年  干支版画シリーズ完結記念展(ギャラリー芦屋)

 1999年  元永定正 舞台空間展(神戸・松方ホール)

 2002年  元永定正展(西宮市大谷記念美術館)
        第19回元永定正新作展(ギャラリー芦屋)

 2011年  10月3日、前立腺癌のため宝塚市の病院で死去 88歳没
元永定正画面に戻る