ホーム > 現代美術作家 > 村上隆 > 村上隆略歴


村上隆(1961- )

 1961年  東京に生まれる  
      
 1986年  東京芸術大学美術学部日本画科卒業  
      
 1988年  東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了(MA)  
      
 1993年  東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了(PhD)
        (論文「意味の無意味の意味」)  
 
 1998年  カリフォルニア大学ロスアンゼルス分校(UCLA)の美術科にて3ヶ月間客員教授を勤務  

 2003年  第46回FEC賞 特別賞受賞

 2004年  コンパニヨン・デュ・ボージョレー騎士号授与

 2004年  カルチャー部門『タグ・ホイヤー ビジネス・アワード 2004』受賞(ダイヤモンド社)

 2005年  文化芸術賞(ニューヨーク/ジャパン・ソサエティー)

 2006年  第11回AMDアワード功労賞受賞(Digital Contents of The Year’05)
        第56回芸術選奨文部科学大臣新人賞(芸術振興部門)受賞

 2006年  「ベスト展覧会」受賞(ニューヨーク/AICA) 
   
     個  展  歴

 1989年  銀座スルガ台画廊 レスポワール展(東京)

 1991年  東京芸術大学陳列館(東京)
        青井画廊(大阪)
        レントゲン藝術研究所 
        (ワンナイトエキジビション8月23日)(東京)
        ギャラリーアリエス(東京)
        「賛成の反対なのだ」細見画廊(東京)
 
 1992年  「WILD WILD」レントゲン藝術研究所(東京)
    
 1993年  なすび画廊(東京)
        「なんでもない日、万歳!」広島市現代美術館(広島)
        「ロマンスの夕べ」ギャラリーセラー(名古屋 ) 

 1994年  「FUJISAN」事画廊(岡山)
        「明日はどっちだ。」SCAI THE BATHHOUSE(東京)
        「あざみ ききょう おみなえし」青井画廊(大阪 )

 1994年  「NIJI」事画廊(岡山)
        エマヌエル・ペロタン(パリ)
        「狂ったZ」SCAI THE BATHHOUSE(東京) 
        「Yngtingagatan 1」ストックホルム(スウェーデン)
    
 1996年  フィーチャーINC(ニューヨーク)
        ギャビン・ブラウン・エンタープライズ(N.Y./U.S.A) 
        事画廊(岡山)
        「727」小山登美夫ギャラリー(東京)
        「DOB君、こんにちわ」キリンプラザ大阪(大阪) 
        「7272」青井画廊(大阪)
        「A Very Merry Unbirthday, To You, To Me!」ギンザ・コマツ(東京)  

 1997年  エマヌエル・ペロタン(パリ) 
        ニューヨーク州立大学ギャラリー(バッファロー/USA) 
        ブラム・アンド・ポー(サンタモニカ/U.S.A)
    
 1998年  フィーチャーINC.(ニューヨーク)
        「バック・ビート」ブラム・アンド・ポー(サンタモニカ/U.S.A) 
        「バック・ビート−スーパー・フラット−」小山登美夫ギャラリー(東京)
        「しかも手を挙げて」佐賀町bis(東京)
 
 1999年  マリアンヌ・ボエスキーギャラリー(N.Y./U.S.A) 
        「ふしぎの森のDOB君」パルコギャラリー(東京、名古屋)
        「The meaning of the nonsense ofthe meaning」バード・カレッジ(N.Y./U.S.A)

 2000年  「KAIKAI KIKI (SUPER FLAT)」ISSEY MIYAKE MEN 青山ブティック(東京)  
        「Second Mission Project Ko2」PS1現代美術センター(ニューヨーク)

 2001年  「KAIKAIKIKI2」Gallery Emanuel Perrotin (パリ/フランス)
         「召換するかドアを開けるか回復するか全滅するか」東京都現代美術館(東京)
        「Takashi Murakami: Made in Japan」ボストン美術館(マサチューセッツ州)
        「WINK」グランド・セントラル駅(ニューヨーク)
        「Mushroom」マリアン・ボースキー画廊(ニューヨーク)
        「カイカイキキ」エマニュエル・ペロタン画廊(パリ) 

 2002年   「カイカイキキ: 村上隆」カルティエ現代美術財団(パリ)サーペンタイン画廊(ロンドン)

 2003年  「逆転二重螺旋」ロッカーフェラー・センター(ニューヨーク)
        「スーパーフラットモノグラム」マリアン・ボースキー画廊(ニューヨーク) 
        「スーパーフラットモノグラム」エマニュエル・ペロタン画廊(パリ)
 
 2004年  「INOCHI」ブラム&ポー画廊(カリフォルニア州サンタモニカ)
        「サトエリKo2ちゃん」小山登美夫ギャラリー(東京)
 
 2005年  「T1: Takashi Murakami」サンドレット・レ・レバウデンゴ財団美術館(イタリア・トリノ)
        「とんがりくんと四天王」六本木ヒルズ(東京)

 2006年  「The Pressure Point of Paintings」エマニュエル・ペロタン画廊(パリ)


     グ ル ー プ 展 歴      

 1991年  「ヤン・フートIN鶴来」(石川県鶴来町)
        「ヤン・フートの眼 日本アートへのメッセージ展」三菱地所アルティアム(福岡)
 
 1992年  アーティストショップ '92サイギャラリー(東京)
        マーズギャラリー(東京) 
        第1回フローティングギャラリー 月島倉庫(東京)
        第1回トランスアート・アニュアル「ペインティング/クロッシング」
        横浜ガレリアベリーニの丘ギャラリー(神奈川) 
        「中村と村上」スペース・オゾン(ソウル/韓国 )
        「中村と村上」白石コンテンポラリーアート(東京)  
        「アノーマリー」(キュレイター=椹木野衣)レントゲン藝術研究所(東京)
        TAMA VIVANT '92「グラマラス/壁への手紙・壁からの手紙 現代美術の 検眼図」
        シードホール(東京) 
        「中村と村上」メタリアスクエア(大阪) 
    
 1993年  第1回マラリアアートショウ「2月1日祭」(東京)
        アーティストショップ'93 サイギャラリー(大阪)
        第4回マラリアアートショウ「デコラティヴ」(東京)
        「中村と村上」NICAF '93 青井画廊(東京) 
        「THE GINBRART」銀座(東京)
        「00コラボレーション」佐賀町エキジビット・スペース(東京)
        ARTTODAY'93「ネオ・ジャパノロジー考」
        財団法人セゾン現代美術館(軽井沢/長野) 
        「現代絵画の一断面−『日本画』を越えて」東京都美術館(東京) 
        「展覧会のための展覧会−有名・無名の向こう側−」京都市四条ギャラリー(京都)

 1994年  「新宿少年アート」新宿歌舞伎町(東京)
        「VOCA展 '94−新しい平面の作家たち」上野の森美術館(東京) 
        「Lest We Forget: On Nostalgia」高島屋ギャラリー(N.Y./U.S.A) 
        「日本画家の青春 新たな時代を開く−大観、春草からドップ君まで」郡山市立美術館(福島) 

 1995年  「Incidental Alterations: P.S.1 Studio Artists1994-95 」
        TheAngelOrensanz Foundation(N.Y./U.S.A)
        「盲目の浜辺にて」アートスペースハップ(広島)
        第46回ヴェネチア・ビエンナーレ特別展 「トランスカルチャー」ヴェニス(イタリア) 
        「今日の日本」展 ルイジアナ美術館 デンマークほか北欧4カ国巡回
        「カッティング・アップ」マックス・プロテッチ・ギャラリー(N.Y./U.S.A)
        トランスカルチャー帰国報告展「遥かなるヂパングへ」 ベネッセハウス直島
        コンテンポラリーミュージアム(香川) 

 1996年  「TOKYO POP」平塚市美術館(神奈川) 
        「写楽発見」国際交流フォーラム(東京)
        「ヒニクなファンタジー」宮城県美術館(仙台)
        「美術を楽しむ時間」伊勢丹美術館(東京)
        「アジア・パシフィック・トリエンナーレ1996」
        クイーンズランド・アート・ギャラリー(ブリスベン/オーストラリア)
        「Romper Room」スレッドワックシングスペース(N.Y./U.S.A) 
 
 1997年  「Flying Buttress Please」トーチギャラリー(アムステルダム/オランダ) 
        「スーパーボディ」小山登美夫ギャラリー(東京)
        「Hiropon Show '97」Shop33(東京)
        「Need for Speed」グラーツ・クンストフェライン(オーストリア)
        「日本現代美術展」ソウル国立現代美術館(韓国)
        第33回今日の作家展「都市の情景:複数性のなかの単一性」
        横浜市民ギャラリー(神奈川)
 
 1998年  「Cities on the Move」
        ゼセッション(ウィーン/オーストリア)
        ボルドー現代美術館(ボルドー/フランス)
        P.S.1(N.Y) 
        ルイジアナ近代美術館(デンマーク)
        ヘイワード・ ギャラリー(ロンドン)
        ヘルシンキ近代美術館(フィンランド) 
        「People, Places and Things」マリアンヌ・ボエスキーギャラリー(N.Y)
        「ポップシュールレアリスム」オルドリッチ現代美術館(コネチカット/USA)
        「アートは楽しい9 手のわざ・時のわざ」ハラミュージアムアーク(群馬) 
        「何でやねん!-現代日本美術展」エコール・ド・ボザール(パリ)
        「ERO・POP・TOKYO」George's(L.A)
        「マンガの時代」東京都現代美術館(東京)
        第3回ニューカレドニア・ビエンナーレ(ニューカレドニア)
        「日本のライフ・スタイル50年」宇都宮美術館(栃木)広島市現代美術館(広島)
        「ERO・POP・CHRISTMAS」ナディッフ(東京) 
 
 1999年  「Tastesand Pursuits: 1990年代の日本美術」
        ニューデリー国立近代美術館(インド) 
        マニラメトロポリタン美術館(フィリピン)
        「New Modernism for a New Millennium: 
         Works by Contemporary AsianArtists from the Logan Collection」
        サンフランシスコ近代美術館(サンフランシスコ/U.S.A)
        「Something Warm and Fuzzy/ Children and Contemporary Art」
         Des MoinesArt Center,(アイオワ/U.S.A )
        「カーネギー・インターナショナル 1999-2000 」
        カーネギーミュージアム(ピッツバーグ/U.S.A)
        「日本ゼロ年」 水戸芸術館現代美術ギャラリー(茨木)

 2000年  「Manetas + Murakami, Newsantandrea」(イタリア)
        「SUPER FLAT」渋谷パルコギャラリー(東京)名古屋パルコギャラリー(名古屋)
        「リヨン・ビエンナーレ」(フランス)
        [P.S.1 a MOMA affilate」 P.S1 Contemporary Art Center.(N.Y./U.S.A) 
      
 2001年  「Made in Asia」デューク大学美術館(ノースカロライナ州ダーハム)
        「Form Follows Fiction」リヴォリ城美術館(トリノ)(Jeffrey Deitchキュレート)
        「Mr.・落合多武・杉本博司・奈良美智・村上隆・桑原正彦」Stephen Friedman画廊(ロンドン)
        「村上隆・奈良美智展」小山登美夫ギャラリー(東京)
        「Un art populaire」現代美術カルティエ財団(パリ)
        「Casino 2001」1st Quadrennial of Contemporary Art
        ゲント市立現代美術館 SMAK(ベルギー: ゲント)
        「Beau Monde: Toward a Redeemed Cosmopolitanism」
        第4回サイト・サンタフェ・バイアニュアル (ニューメキシコ州サンタフェ)
        (Dave Hickeyキュレート)
        「JAM: Tokyo London」バービカン・アートギャラリー(ロンドン)
        「Public Offerings」ロサンジェルス現代美術館(ロサンゼルス)(Paul Schimmelキュレート)
        「Painting at the Edge of the World」ウォーカーアートセンター(ミネアポリスその後巡回)
        「My Reality: The Culture of Anime」デモイン・アートセンター(アイオワ州デモイン)
        (Jeff Flemingキュレート)
        「スーパーフラット」ロサンジェルス現代美術館(ロサンゼルス)
        ウォーカー・アートセンター(ミネソタ州ミネアポリス)
        ヘンリー・アートギャラリー(ワシントン州シアトル)
        「Under Pressure」Swiss Institute(ニューヨーク)
 
 2002年  「Drawing Now: Eight Propositions」ニューヨーク近代美術館(MoMA)(ニューヨーク)
        「POPJack: Warhol to Murakami」Museum of Contemporary Art Denver(コロラド州)
        「The Uncanny」Vancouver Art Gallery(バンクーバー)
        「The Japanese Experience?Inevitable」サルツブルグ現代美術館(サルツブルグ)
        「Reality Check: Painting in the Exploded Field」
        CCAC Wattis Institute for Contemporary Arts(サンフランシスコ)
        「青島千穂・タカノ綾・ Mr.・ 村上隆」エマニュエル・ペロタン画廊(パリ)
        「Out of the Box: 20th-Century Print Portfolios」
        フィラデルフィア美術館(ペンシルベニア州フィラデルフィア) 
        「Popular, Pop, and Post-pop」フィラデルフィア美術館(ペンシルベニア州)
        森アーツセンター開幕式(東京)
        「Splat Boom Pow! The Influence of Cartoons in Contemporary Art」
        ヒューストン現代美術館(ヒューストン)
        「Supernova: Art of the 1990s from the Logan Collection」サンフランシスコ現代美術館
        「Pittura / Painting: Rauschenberg to Murakami, 1964-2003」
        コッレール美術館, ベネツィアビエナーレ(ベネツィア)
        「On the Wall: Wallpaper and Tableau」Rhode Island School of Design
        (プロヴィデンス); The Fabric Workshop and Museum(フィラデルフィア)
        「Painting Pictures: Painting and Media in the Digital Age」
        ヴォルフスブルグ現代美術館(ドイツ: ヴォルフスブルグ)
        「Comic Release: Negotiating Identity for a New Generation」
        カーネギーメロン大学(ペンシルベニア州ピッツバーグ)
        「Pulp Art: Vamps Villains and Victors from the Robert Lesser Collection」
        ブルックリン美術館(ニューヨーク) 
 
 2004年  エマニュエル・ペロタン画廊(フロリダ州マイアミ)
        「Funny Cuts」シュトゥットガルト美術館(ドイツ: シュトゥットガルト)
        「リバプール・バイエニアル2004年」テート・リバプール(イギリス: リバプール)
        「Monument to Now: The Dakis Joannou Collection」デステ現代美術財団(アテネ)
        「モダンってなに?」森美術館(東京)
        「Floating Worlds」Beacon Cultural Foundation(ニューヨーク州ビーコン)
        「Optimo」Ballroom Marfa(テキサス州マルファ)
        「Walker Without Walls」ウォーカー・アートセンター(ミネソタ州ミネアポリス)

 2005年  「Kaikai Kiki」青井画廊(大阪)
        「Japan POP」ヘルシンキ市立美術館(ヘルシンキ)
        「Ecstacy:In & About Altered States」ロサンゼルス現代美術館(ロサンゼルス)
        「Fairy Tales Forever」Aros Aarhus Kunstmuseum(デンマーク・アロス)
        「POPulance」ヒューストン大学ブラッファー画廊(テキサス州ヒューストン)
        クリーヴランド現代美術館(オハイオ州クリ−ヴランド)
        南東部現代美術センター(ノースカロライナ州ウィンストン・サレム)
        「Moving Energies」フォルクヴァンク美術館(ドイツ: エッセン)
        「Translation」パレ・ド・トウキョウ(パリ)
        「Colours and Trips」 Kunstlerhaus Palais Thurn und Taxis(オーストリア:)
        Museum der Stadt Ratingen(ドイツ: ランティゲン)
        エマニュエル・ペロタン画廊(パリ)
村上隆画面に戻る