ホーム > 日本洋画作家 > 中根寛 > 中根寛略歴

中根寛(1925- )

 1925年 愛知県岡崎市郊外に生まれる

 1944年 岡崎師範学校卒業
         陸軍宇都宮飛行学校入所

 1945年 岡崎市立本宿小学校教師に就任。

 1949年 東京芸術大学美術学部第1回生として油画科入学
       安井曾太郎,伊藤廉,林武,小磯良平,山口薫,牛島憲之に師事

 1953年 東京芸術大学美術学部油画科卒業
       第1回大橋賞受賞

 1955年 東京芸術大学美術学部専攻科(油画)修了

 1959年 黒土会を結成
       《うみべ》《布を持つ》《腕を組む》を出品

 1962年 現代日本美術展出品(東京都美術館)

 1964年 安井賞候補新人展出品(東京・国立近代美術館)

 1968年 初個展開催(銀座・日動サロン)

 1969年 渡欧、ヨーロッパ、エジプトに半年滞在

 1971年 新鋭選抜展優賞受賞(日本橋・三越本店)

 1975年 中国人民対外友好協会の招きにより中国訪問

 1978年 東京芸術大学美術学部教授就任

 1985年 岡崎市より三州岡崎葵市民として顕彰

 1986年 フランスを取材旅行
         東京芸術大学美術学部長就任

 1993年 中根寛自選展開催(岡崎市美術館)

 1994年 紺綬褒賞受章

 1999年 勲三等瑞宝章受章

 2000年 中根寛画業50年展開催

     現在 東京芸術大学名誉教授 
中根寛画面に戻る
カウンター