ホーム > 日本洋画作家 > 中山忠彦 > 中山忠彦略歴


中山忠彦(1935- )
 1935年  3月20日福岡県小倉市(現北九州市)に生まれる

 1944年  戦争の激化にともない両親の出生地に疎開

 1953年  上京し、大垣誠三氏より伊藤清永先生に紹介される 
        伊藤清永先生の紹介で阿佐ケ谷洋画研究所(三輪孝氏主宰)に入る
        県立中津西高を卒業、東京芸術大学を受験するも不合格
        岩崎電気鰍ナデザインのアルバイトをしながら、夜間阿佐ケ谷洋画研究所に通う
        伊藤絵画研究所が開設され、内弟子として入門する 

 1954年  第10回日展に「窓辺」60号が初入選 

 1958年  白日展に「群像」を出品し、会員に推挙される

 1966年  市川市市川1丁目(現市川グランドホテル)の小島鉦治方に転居 

 1968年  大阪・日仏画廊にて初の個展

 1969年  彩壷堂にて個展 

 1974年  リトグラフ集「Les Trois Femmes」を出版

 1979年  石版画集「粧」を出版

 1980年  白日展に「妝う」80号を出品し、内閣総理大臣賞を受賞

 1981年  石版画「花かざりの帽子」を刊行 
        銅版画集「優しき相貌」第1集を刊行

 1982年  石版画「妝」を刊行(大日本絵画刊)

 1983年  「中山忠彦画集」を出版(求龍堂)

 1984年  石版画「襟飾り」を刊行
        銅版画集「優しき相貌」第2集を刊行

 1985年  「昭和世代を代表する作家シリーズ 中山忠彦展」開催
        新宿伊勢丹・名古屋松坂屋・大丸心斎橋・福岡県立美術館を巡回

 1987年  石版画「羽根かざりの帽子」を刊行

 1988年  日展会員となる
        「中山忠彦作品集」を出版(講談社)

 1989年  大分県中津市に木村記念館が開館、作品が常設展示

 1990年  国際花と緑の博覧会の迎賓館・政府苑貴賓室に「花装」が展示
        同博覧会協会の依頼により石版画「双花」を制作する

 1991年  銅版画集「優しき相貌」第3集を刊行  

 1994年  石版画「ローブ・ド・パル」を刊行  

 1996年  日展に「華粧」100号を出品し、内閣総理大臣賞受賞

 1998年  「黒扇」にて日本芸術院賞受賞
        日展理事となる
        日本芸術院会員となる

 1999年  日展常務理事となる

 2001年  日展事務局長となる
中山忠彦画面に戻る