ホーム > 現代美術作家 > 難波田龍起 > 難波田龍起略歴

難波田龍起(1905-1997)

 1905年 旭川に生まれる

 1906年 家族と東京に移り住む

 1923年 早稲田第一高等学院入学
       9月関東大震災直後の夜警当番で高村光太郎と知
       り合う

 1924年 高村光太郎のアトリエを訪れるようになる

 1926年  早稲田大学政経学部入学
       エリザベト・ゴッホ著「回想のゴッホ」(高村光
       太郎訳)を読む

 1927年 高村光太郎と第6回日仏美術展を訪れゴッホ「鰊の
       静物」感銘を受ける
       早稲田大学を中退し太平洋画会研究所で石膏デッ
       サンの勉強を始めるがまもなく退所
       秋ごろ、本郷絵画研究所に入所するが、翌年退所
  
 1928年 光太郎に川島理一郎を紹介され、川島主宰の絵画
       研究会の金曜会に入会
       同会で学ぶ山口薫、矢橋六郎を知る
       この頃ルドンに傾倒 

 1929年 第4回国画会展に「木立(中野風景)」が入選

 1930年 難波田龍起個人展覧会開催(本郷)

 1933年 松本俊介、鶴岡政男らと親交を深める
  
 1935年 国画会を退会し、金曜会の仲間と「フォルム」を結成

 1936年 新宿の茶房NOVAにおいて靉光、北川實、松本竣介、
       鶴岡政男と洋画小品展を開く
  
 1937年 自由美術家協会の結成に会友として参加
       (1959年退会)

 1942年 青樹社画廊で初個展

 1947年 日本アンデパンダン展出品

 1950年代には抽象芸術への道を進み、
       以降 日本アンデパンダン展、美術団体連合展
       朝日選抜秀作美術展、毎日現代美術展、
       日本国際美術展、日本秀作美術展等に多数出品

 1956年 アンフォルメルと出会う
       交錯する直線と色面による、激しい躍動感を持ち
       つつも心理的空間を持った独自の世界を表現

 1960年代にはドリッピングなどによる作品制作へ変化する

 1961年  北象会(北海道出身の抽象画家8人による)結成

 1964年  札幌・大谷短期大学美術科講師となる

 1966年 新宿・厚生年金会館学園棟の玄関ホールの壁画
       彫刻を8人で共同制作

 1969年 文化女子大学室蘭短期大学教授となる
       約三週間イギリス、フランス、イタリア、スイス
       などを旅行

 1970年 『古代から現代へ』(造形社)を刊行

 1971年 紺綬褒章受章( 76,81,83,85年にも受章)
       札幌厚生年金会館の緞帳原画「北海道を描く」制作

 1973年 「戦後日本美術の展開―抽象表現の多様化」展
       (東京国立近代美術館)
  
 1974年 次男・史男、瀬戸内海で死去 享年32歳
       「難波田龍起自選展」(フジテレビギャラリー)
 
 1977年 「難波田龍起近作展」(フジテレビギャラリー)

 1978年 銅版画集『街と人』『海辺の詩』刊行 

 1982年 「形象の詩人 難波田龍起展」
       (北海道立近代美術館、北海道立旭川美術館)

 1984年  『難波田龍起画集』(講談社)刊行 

 1987年  「今日の作家 難波田龍起展」
       (東京国立近代美術館)
       「難波田龍起リトグラフィ集1987」刊行
 
 1988年 第29回毎日芸術賞(1987年度)受賞
  
 1989年 「石窟の時間─難波田龍起個展」
       (銀座アートセンターほか)

 1990年 「難波田龍起リトグラフィ集人と自然の形象」刊行
 
 1991年 「難波田龍起リトグラフィ集 生物的形象」刊行
 
 1992年 「難波田龍起リトグラフィ集 生成の詩」刊行
 
 1994年 「難波田龍起展1954年以降-抽象の展開・生命の響き」
       (世田谷美術館)

 1995年 北海道新聞文化賞受賞
       「難波田龍起銅版画集 古代を想う」刊行 
  
 1996年 文化功労者として顕彰を受ける
 
 1997年 11月 世田谷区内の病院で死去 享年92歳
難波田龍起画面に戻る
カウンター