ホーム > 日本洋画作家 > 西村龍介 > 西村龍介略歴

西村龍介(1920-2005)

 1920年  2月8日、山口県小野田市に生まれる(本名:一男)

 1940年  日本美術学校卒業と同時に出征

 1945年  復員後、ニ科展に出品を始める

 1956年  特待賞受賞

 1958年  金賞を受賞

 1960年  ニ科会会員に推挙

 1963年  会員努力賞受賞

 1964年  渡欧を契機として「古城シリーズ」に着手

 1968年  第53回展で「古城」が東郷青児賞受賞

 1969年  「遥かなる聖堂」が会員努力賞受賞

 1971年  内閣総理大臣賞受賞

 1972年  ニ科会委員に推挙

 1975年  ニ科会委員長に就任(〜1977年)

 1983年  「森と城と水の詩情の世界−西村龍介」展開催
          (読売新聞社主催、東京松屋、大阪大丸、名古屋松坂屋)

 1988年  個展「西村龍介・水の抒情詩」開催
         芸術選奨文部大臣賞を受賞 

 1990年  個展「水の抒情詩U・みなと」開催

 2005年  3月に死去
西村龍介画面に戻る
カウンター