ホーム > 日本洋画作家 > 西村計雄 > 西村計雄略歴

西村計雄(1909-2000)

 1909年 6月29日小澤村(現共和町小沢)に生まれる 

 1934年 東京美術学校卒業 

 1936年 中央美術展覧会で「散策」が中央美術準賞受賞

 1943年 第6回新文展で「童子」が特選となる 

 1951年 渡仏 パリ16区パッシー通 りの屋根裏に住む

 1953年 ピカソの画商カーンワイラー氏のすすめで、
       ベルネームジュン画廊でパリにおける第一回
       目の西村計雄展開催 

 1957年 パリ、マルセルベルネーム画廊でパリ第2回
       個展(-1978)
       出品作3点フランス政府買い上げ

 1968年 東京・日本美術協会にて西村計雄展
       (後援:毎日新聞社) 

 1969年 東京・小田急百貨店特別展
       (主催:朝日新聞社) 

 1970年 ロンドン・コーナー画廊で西村計雄展開催
       (〜1971) 

 1971年 フランス政府より芸術文化勲章

 1972年 ギャラリーGにて西村計雄展
       (西ベルリン ドイツ)

 1973年 ベルギー国際展でグランプリ(芸術最高賞)
       受賞作品「ヒロシマ」(300号)広島市の平和
       記念館に入る

 1974年 ウイーンにて西村計雄展
       オーストリア政府2点買い上 

 1975年 パリ、クリティック賞(パルムドール)受賞 

 1978年 沖縄平和祈念堂のための制作に取りかかる 

 1981年 5西村計雄は勲三等瑞宝章受章
 
 1986年 沖縄平和祈念堂のための300号20点の
       連作が完成 

 1989年 日本テレビ「現代の顔」、テレビ東京「美に生
       きる-西村計雄」で紹介される

 1995年 共和町に自作品103点寄贈
        紺綬褒章受章

 1999年 共和町に「西村計雄記念美術館」開館

 2000年 12月4日東京にて逝去 
西村計雄画面に戻る