ホーム > 日本画作家 > 野村義照 > 野村義照略歴

野村義照作品販売ページへ

野村義照(1945- )

 1945年  6月2日大阪府守口市に生まれる
 
 1970年  東京芸術大学日本画科卒業、卒業制作が芸大附属資料館買上げ 

 1972年  第55回院展に初入選 

 1973年  前田清邨に師事、のち平山郁夫に師事。 

 1975年  日本美術院院友に推挙 

 1977年  最初のギリシャ、ローマ旅行以来、ギリシャ古典美術を本格的に研究し始め
        ギリシャ、イタリア等ヨーロッパ諸国への取材研究旅行は30数回に及ぶ 

 1982年  東京芸術大学大学院保存修復科講師就任(-86)
        新薬師寺風景清地蔵尊修理を担当 

 1984年  東京セントラル美術館日本画大賞展佳作賞受賞
        文化庁現代美術選抜展、昭和世代日本画展、
        次代へ日本画展、両洋の眼-現代の絵画展に出品 

 1986年  古文化財研究機関として一世保存修復研究所を設立、同代表顧問に就任 

 1989年  3年がかりでピエロ・デラ・フランチェスカ「懐妊の聖母」模写を完成
        ローマ支庁美術館で個展 

 1990年  有楽町西武、大阪三越で帰国展

 1991年  新薬師蔵「四天王像胎内経巻」の修復等、数々の古文財の修理にあたる
        パリのバスティーユにアトリエを構え、その後モンパルナスに移る 

 1992年  銀座で個展、秋からイタリア、ルクセンブルグ、ロンドン、パリで作品展
        スペロ市において日伊文化交流アカデミーの設立に参加、理事となる
        「野村義照画集」(英仏語版)出版 

 1993年  大阪並びに日本橋三越でヨーロッパ巡回記念展
        「野村義照画集」(求龍堂)出版 

 1995年  松坂屋美術館で「野村義照展−ヨーロッパの旅から」、北澤美術館個展開催 

 1996年  月マドリッド、10月ロンドン、12月高島屋において巡回展開催

      鮮やかな群青のバックにギリシャ・ローマの遺跡を様々な角度から画面いっぱいに
      大きく捉え、従来の日本画の余白の美にも通じる空間を新しい感覚で構成、面的な
      表現に細い描線をくい込ませた堅固な造形と透明な画調により個性を発揮している 
野村義照画面に戻る