ホーム > 日本洋画作家 > 塗師祥一郎 > 塗師祥一郎略歴

塗師祥一郎(1932- )

 1932年 石川県小松市に生まれる

 1947年 北国現代美術展で『静物』吉川賞受賞

 1951年 第7回日展で『展望』初入選

 1952年 第38回光風会展に『構内』『いこい』初入選
       金沢美術工芸大学油彩専攻卒業
       小絲源太郎に師事

 1962年 第48回光風会展で『土』クサカベ賞受賞

 1963年 光風会会友となる

 1966年 第52回光風会展で『北の町』光風会友賞受賞、光風会会員となる
       第9回新日展で『雪景』特選受賞

 1967年 個展(日本橋丸善)

 1971年 第3回日展(改組)にて『村』特選

 1972年 日展出品委嘱者となる

 1974年 個展(上野松坂屋)、以後10回展まで

 1977年 日洋展運営委員、日展会員となる

 1981年 紺綬褒章を受章
 
 1982年 第14回日展で『待春の水辺』日展会員賞受賞

 1986年 個展(大和本店)

 1987年 新日洋会常任委員となる

 1988年 個展(東急本店、90・92年にも開催)

 1989年 個展(日本橋三越、98・05年にも開催)

 1990年 第1回大宮市文化賞受賞
       日展評議員に推挙

 1992年 埼玉文化賞受賞

 1997年 第29回日展で『山村』文部大臣賞受賞

 2003年 『春を待つ山間』日本芸術院賞受賞
       日本芸術院会員に推挙

 2004年 個展(香林坊大和)

 2007年 埼玉県美術家協会会長に推挙

 2008年 旭日中綬章受章
塗師祥一郎画面に戻る