ホーム > 日本洋画作家 > 織田広喜 > 織田広喜略歴

織田広喜(1914-2012)


 1914年  福岡県嘉穂郡千手村に生まれる

 1932年  画家を志し、上京

 1934年  日本美術学校絵画科入学。講師には大久保作次郎、
        のちに藤田嗣治、林武らが指導

 1938年  「みずゑ」主幹の木下正男邸に書生としてつとめる

 1939年  日本美術学校西洋画科卒業

 1940年  第27回二科美術展に『未完成(室内)』が初入選

 1946年  第31回二科美術展で『黒装』が二科賞受賞

 1948年  岡田謙三の家に住み込み絵に専念

 1950年  岡田が渡米し、中原実の家に移る
        二科会会員に推挙される

 1951年  萬宮リラと結婚

 1953年  長男広比古誕生

 1954年  銀座で初の個展開催

 1960年  初めての渡仏、翌年6月に帰国する

 1967年  第6回国際形象展の招待出品作で愛知県美術館賞を受賞

 1968年  日本橋で個展開催
        第53回二科展で内閣総理大臣賞を受賞

 1969年  「織田広喜画集」(日仏画廊)刊行
        次男きじ男誕生
         
 1970年  4度目の渡仏
 
 1971年  パリのエルヴェ画廊で個展開催
        第56回二科展で青児賞受賞
        石版画集<パリの女>第一集刊行

 1973年  パリで個展開催

 1975年  銅版画集<湖と白鳥と少女たち>刊行

 1980年  二科会常務理事となる

 1981年  「織田広喜画集」が刊行

 1982年  福岡市美術館で初期作から新作まで110点余の個展

 1990年  「織田広喜作品集」が刊行
        ニューヨークで個展開催

 1992年  勲4等瑞宝章を受章

 1994年  ミュゼ・オダ開館

 1995年  恩賜賞・第51回芸術院賞受賞
        芸術院会員に推挙

 1996年  碓井町立織田廣喜美術館開館

 1998年  妻リラ死去 享年71歳
  
 2003年  フランスの芸術文化勲章「シュヴァリエ」受章
        赤い帽子・織田廣喜ミュージアム開館。

 2006年  二科会理事長就任
 
 2009年  長男広比古死去 享年56歳

 2012年  5月30日 心不全のため死去 享年98歳
 
        日本芸術院会員
織田広喜画面に戻る