ホーム > 日本洋画作家 > 荻須高徳 > 荻須高徳略歴

荻須高徳(1901-1986)


 1901年  11月30日、愛知県中島郡(現稲沢市)に生まれる

 1908年  千代田尋常高等小学校入学

 1916年  愛知県立第三中学校(現津島高等学校)入学。

 1921年  上京し川端画学校に学び、藤島武二に師事

 1922年  東京美術学校西洋画科入学

 1927年  東京美術学校卒業
        渡仏

 1928年  署名をOGUISSとする
        サロン・ドートンヌに初入選

 1940年  帰国

 1944年  横江美代子と結婚

 1946年  長女恵美子生れる

 1948年  戦後初めて日本人画家として、再渡仏

 1956年  レジオン・ドヌール勲章授章

 1972年  勲三等旭日章に授章
        中日文化賞受賞

 1974年  パリ市より、メダイユ・ド・ヴェルメイユ授与

 1981年  文化功労者に顕賞

 1982年  フランス国立造幣局が、荻須高徳の肖像を浮彫にした
        メダイユを発行する

 1986年  10月14日パリアトリエで制作中に逝去。享年85歳
        文化勲章受章
荻須高徳画面に戻る