ホーム > 現代美術作家 > 岡田兼三 > 岡田兼三略歴

岡田兼三(1902-1982)


 1902年 9月28日横浜に生まれる

 1922年 東洋美術学校西洋学科(現・東京芸術大学美術学部)に入学

 1924年 パリに留学
        藤田嗣治らと交遊を結ぶ

 1927年 パリより帰国。

 1937年 二科会会員に推挙される

 1950年 渡米、ニューヨークに滞在
       抽象絵画に転じる

 1951年 マーク・ロスコー、ジャクソン・ポロック、デ・クーニングたちと交遊

 1953年 ベティ・パーソンズ・ギャラリー(ニューヨーク)にて第1回個展を開催
       以降12回の個展を開催し、数々の国際賞を受賞する

 1957年 アメリカ芸術アカデミーと国立芸術研究所から全米優秀美術家の一人に選出

 1958年 7年ぶりに帰国。日本橋・高島屋で個展を開催
       日米の往復を繰り返して活躍
 
 1970年 日米双方における活躍に対して数々のオマージュが捧げられる

 1982年 7月25日日本にて没
岡田兼三画面に戻る
カウンター