ホーム > 日本画作家 > 奥田元宋 > 奥田元宋略歴


奥田元宋(1912−2003)

 1912年  広島県双三郡八幡村(現在の三次市吉舎町八幡)に生まれる(本名厳三)

 1931年  上京し遠戚の児玉希望に師事
        その後脚本家を目指すため児玉門を飛び出すも、再び戻るが、外弟子に降格される

 1936年  文展の鑑査展に『三人の女性』が初入選する
        小由女が大阪で生まれる。

 1937年  児玉希望画塾第1回展に『舞踏場の一隅』で塾賞受賞、号を『元宋』とする

 1938年  第2回文展に『盲女と花』が特選になる

 1944年  戦争の激化に伴い広島に疎開

 1949年  第5回日展に『待月』が特選と白寿賞受賞

 1962年  第5回新日展に『磐梯』が文部大臣受賞、文化庁買上げになる

 1973年  日本芸術院会員に推挙

 1974年  日展常任理事に就任

 1981年  宮中歌会始に出席、真言宗大聖院の本堂天井画『龍』を制作
        文化功労者に選ばれる

 1984年  文化勲章受章

 1989年  広島県名誉県民になる

 1995年  日本芸術院第一部(美術)部長就任

 1996年  元宋による銀閣寺の庫裏、大玄関・弄清亭障壁画が完成

 2003年  2月15日 逝去

 2006年  4月15日、広島県三次市東酒屋町に「奥田元宋・小由女美術館」オープン

奥村土牛画面に戻る