ホーム > 日本画作家 > 奥村土牛 > 奥村土牛略歴


奥村土牛(1889−1990)

 1889年  2月18日東京・京橋に生まれる(本名:義三)

 1905年  梶田半古の門に入り,塾頭の小林古径に指導を受ける

 1911年  この年から約5年間,逓信省貯金局統計課に勤務しポスターなどを
        描く仕事に従事

 1914年  半古没後,改めて古径に師事

 1917年  この年より<土牛>の雅号を使用
        雅号は父が寒山詩の一節「土牛石田を耕す」という言葉から名づけられた
        
 1920年  古径の画室に共に住み,以後長い研鑚時代に入る
        元院体画はもとよりイタリア・ルネサンスからセザンヌまで西洋絵画に関する
        勉強を重ね、土牛芸術の堅固でスケールの大きい基礎を作る

 1927年  古径の紹介により速水御舟の研究会で教えを受ける
        第14回院展に「胡瓜畑」(東京国立近代美術館倉)が初入選
        38才の遅い出発であったが,以後毎年入選を続ける

 1932年  日本美術院同人に推挙
        永年の蓄積と,物事に対する執拗さと誠実さ,東京人の感覚が相って画才は
        磨かれ,やがて近代的写実を踏まえた高潔な象徴世界を生み出していった

 1935年  帝国美術学校教授に就任

 1936年  改組第1回帝展に出品「鴨」が満場一致で推奨第1位,政府買上げとなる

 1944年  塔鏡美術学校講師を務める

 1947年  帝国芸術院(現日本芸術院)会員に就任
 
 1949年  女子美術大学美術学部教授となる。

 1950年  武蔵野美術大学教授となる(〜1966) 

 1958年  日本美術院監事・評議員に就任

 1959年  日本美術院理事となり,第44回院展に戦後の日本画の最高傑作といわれる
        「鳴門」(山種美術館蔵)を発表

 1962年  文化勲章を受章,併せて文化功労者となる

 1978年  日本美術院理事長に就任(〜1990年)

 1980年  東京都名誉都民の称号を贈られる

 1990年  長野県南佐久郡八ケ穂村に,奥村土牛記念美術館が開館

        東京にて逝去 享年101歳 
奥村土牛画面に戻る