ホーム > 日本洋画作家 > 奥津国道 > 奥津国道

奥津国道(1932- )

 1932年 神奈川県秦野市に生まれる

 1945年 神奈川県下の私立湘北中学校に入学するが、
       在学中、美術教師の藤井白映に絵の才能を
       見出されて指導を受ける

 1949年 宮永岳彦に師事する

 1950年 松坂屋銀座店宣伝部の下請けの「浅野装工
       社」に入社する

 1952年 二科展に入選する
       小田原市展市長章を受賞
       東横百貨店に入社し、ポスター製作を手
       がける

 1953年 ユニヴァーサル映画に入社、映画のポス
       ターなどの美術を担当

 1955年 嘱託として平凡出版のアートディレクター
       となる

 1972年 「平凡パンチ」「アンアン」の表紙の責任
       者となる

 1973年 初の個展を開催する

 1978年 「現代の裸婦展」奨励賞受賞

 1979年 「週刊読売」の表紙画を担当

 1980年 個展(日動サロン)以後毎年

 1995年 個展(一枚の絵銀座美術館)

 2002年 「水彩画プロの裏ワザ」を出版する
       この本は好評となり、シリーズとして
       続くこととなる
奥津国道画面に戻る