ホーム > 日本画作家 > 小野具定 > 小野具定略歴

小野具定(1913-2000)

 1913年 2月16日山口県に生まれる 本名 具定(ともさだ)

 1928年 大日本美術院展で[小春]が入選

 1931年 上京市、川端画学校で洋画を学ぶ

 1933年 日本画に転向する

 1939年 東京美術学校日本画科卒業

 1947年 児玉希望に師事する

 1954年 新制作協会展に出品する

 1965年 新制作協会会委員となる。

 1971年 第一回山種美術館展で[捨てた場所]が同美術館買い上げとなる

 1974年 創画会結成とともに会員となる

       東北や北海道の漁村を題材に原風景的なイメージの世界を展開した

 1995年 ねりまの美術’95刻まれた記憶小野具定展開催(練馬区立美術館)

 2000年 5月17日 死去 享年86歳
小野具定画面に戻る
カウンター