ホーム > 現代美術作家 > 小野木学 > 小野木学略歴

小野木学(1924-1976)

 1924年、北豊島郡巣鴨町(現・豊島区)に生まれる

       軍事教練中に肺を患い、療養中に独学で油絵を学ぶ
       のち農林省関連の施設に勤務するかたわら、絵画の勉強を続ける

 1952年 第17回自由美術展で入選
 
 1955年 練馬区にアトリエを構える

 1956年 第9回日本アンデパンダン展

 1958年 自由美術協会会員となる

 1959年 第3回シェル美術賞展2等受賞
 
 1960年 安井賞の候補となる

 1961年 渡仏(−1962年7月)

 1963年 自由美術協会退会

 1965年 版画の製作を開始する

 1969年 第8回リュブリャナ国際版画ビエンナーレ買上賞受賞

 1970年 第19回小学館絵画賞(現・小学館児童出版文化賞)受賞
       ポプラ社より絵本『かたあしだちょうのエルフ』を刊行(文も本人)
       
 1975年 体調不良のため入院、退院後の自宅療養
       自宅療養中に膨大な点数のパステル画・水彩画を制作する

 1976年 腎臓癌で逝去。享年52歳
 
 1986年 「没後10年 小野木学の世界」展開催(練馬区立美術館) 
 
       一貫して「風景」をテーマにして制作を続けた
       生前の作品の多くは練馬区立美術館に所蔵されている
小野木学画面に戻る
カウンター