ホーム > 日本洋画作家 > 小山田二郎 > 小山田二郎略歴

小山田二郎(1914- 1991)


 1914年  父の赴任先である中国安東県に生まれる

 1915年  祖父母に引きとられ東京根岸に育つ 

 1916年  先天性ウェーバー氏病の手術を行うが成功に至らなかった 

 1919年  日本画家・小堀鞆音から透明水彩を学び始める 

 1926年  中国から帰国した母と共に祖母の郷里、栃木県大田原へ移る 

 1934年  帝国美術学校図案科入学

 1935年  シュールレアリスムを標榜する絵画グループ「アニマ」結成。
        西洋画科に転入するが36年父に反対され中退 

 1937年  独立美術協会展に出品  

 1940年  美術文化協会展に出品(〜’44)

 1947年  画家として立つことを決意し、自由美術家協会会員となり、出品(〜’57)

 1952年  瀧口修造に認められタケミヤ画廊にて個展開催

 1955年  ブルックリン国際展

 1957年  サンパウロビエンナーレ

 1959年  団体展に疑問を持ち自由美術家協会脱会

 1961年  大丸にて個展(〜’62)

 1963年  飯田画廊にて個展(〜’69)

 1974年  フマギャラリーにて個展(〜’82)

 1983年  東邦画廊にて個展(〜’90)

 1991年  7月26日 死去(77歳)
     翌年の新聞記事「ひっそりと去った異才−小山田二郎」(針生一郎)で知られる

 1994年  小山田二郎展(小田急美術館・栃木県立美術館)

 1995年  阿久津画廊にて個展(’05、’06、’09)

 1997年  小山田二郎の水彩画(富岡市立美術博物館) 
        小山田二郎・豊田一男二人展(阿久津画廊)

 2005年  小山田二郎展(東京ステーションギャラリー5/28-7/3、高崎市美術館9/17-11/3)

 2006年  NHK新日曜美術館「伝説の画家・小山田二郎」放映
 
  記憶から生まれる幻想や自己の内面にある小宇宙を描き続けた画家、小山田二郎
 小山田独特の攻撃的、自虐的な造形感覚と表現力は、鮮烈かつ衝撃的で、世紀を超えて
 見る者の心をわし掴みにする。
  小山田は、抽象とシュルレアリスムという二つの新しい芸術思潮の影響を受けた前衛
 的な群小美術グループの中で育ち、戦後間もない時期の画壇を担う。
  71年以降は友人にも居場所を知らせず、それまでの家族を残して失踪し、世間との
 かかわりを画廊に送る作品のみに限った。 
小山田二郎画面に戻る
カウンター