ホーム > 近代美術作家 > ピカソ > ピカソ略歴

パブロ・ピカソ
Pablo Picasso(1881−1973)


 1881年  10月25日スペインのマラガに生まれる
          父 ホセ・ルイス・ブラスコ(美術教師)
          母 マリア・ピカソ・ロペス
 
 1888年  油絵を描き始める。 

 1891年  ラ・コルーニャに転居。                  

 1892年  父の勤める美術学校で、正式に素描を習い始める 

 1895年  バルセロナ、リョジャ美術学校で学ぶ

 1895年  《初聖体拝領》

 1897年  マドリード、サン・フェルナンド王立美術アカデミー付属学校に入学するも同年中退する
        プラド美術館での模写 
        《科学と慈愛》全国展に入賞 
 1898年  オルタ・デ・エブロでの休養生活 

 1899年  バルセロナで若い芸術家たちと交わりながら熱心に絵を描く。

 1900年  カサヘマス、パリャーレスとともにパリを初訪問
        その後パリとバルセロナを往復

 1901年  雑誌「若い芸術」の編集に関わる
        6月パリで初の個展
       「青の時代」の始まる(〜1904)
        パリに同行した親友カサヘマスが悲恋が原因で自殺した。
        その悲しみによって、ピカソの「青の時代」は始まる。
        《自画像》

 1902年  10月、パリで、マックス・ジャコブと共に住む
        《酒場の2人の女(酒場の娼婦達)》

 1903年  《海辺の貧しい人々》
        《セバスティアン・ジュニェル=ピダルの肖像》
        《貧者の食事》
        《盲人の食事》
        《年老いたギター弾き》
        《人生》

 1904年  洗濯船(モンマルトル)に部屋を借り、パリに腰を据える
        《セレスティーナ》

 1905年  「バラ色の時代」(Rose Period)始まる(〜1907)
         フェルナンド・オリヴィエという名前の女性と同棲を始めました。
         少し教養のある女性で、ピカソにフランス語を教えたり、精神的な
        安定を与えてひたすら絵を描くようにピカソを仕向けました。
         彼女と暮らすようになってから「青の時代」の表現は影を潜め、
        ピカソは彼女の美しい裸像や身近な人々の肖像画、彼女の仲間たち、
        俳優、サーカスの芸人たちを、バラ色を基調とした暖かい色で描く
        ようになりました。「バラ色の時代」の始まりです。
         1906年画商ヴォラールが大量に作品を購入してくれたおかげで、
        作風の転機となったスペインのゴソルへの旅行が可能になりました。
        オリヴィエは、次の新しい恋人エヴァが現れるまでの7年間をピカソ
        の伴侶として過ごしました。
        《玉乗りの曲芸師》
        《サルタンバンクの家族》

 1906年  《ガートルード・スタインの肖像》

 1907年  《アヴィニョンの娘たち》
        キュビスムの出発点は、この《アビニヨンの娘たち》である。
        この絵をピカソはごく一部の友人にだけ見せたが、反応は芳しいものではなかった。
        マティスは腹を立て、ブラックは「三度の食事が麻クズとパラフィン製になると言われ
        たようものだ」と言い、アンドレ・ドランはピカソがそのうち首を吊るのではないかと
        心配したという。

 1909年  「(分析的)キュビズムの時代」(立体派)始まる(〜1912)

 1910年  《ウーデの肖像》
        《カーンワイラーの肖像》

 1912年  モンパルナスへ移る
        「総合的キュビスム 」(Synthetic Cubism)が始まる(〜1918)
        春頃以降、形態の分析・解体が一段落し、揺り戻しが始まる
        この時期の特徴としてパピエコレ、文字の導入、シェイプトキャンバス、色彩の復活である。

 1913年  父 ホセ・ルイス・ブラスコ死去

 1916年  パリ郊外モンルージュに移る

 1917年  バレエ『パラード』の装置、衣装を製作。
        「新古典主義の時代」始まる(〜1925)
        《安楽椅子のオルガ》

 1918年  オルガ・コクローヴァと結婚
        パリ、ラ・ボエシーに移る。

 1921年  息子パウロの誕生 

 1922年  ジャンコクトーの『アンティゴーヌ』の装置、衣装を担当

 1924年  バレエ『メルキュール』(ディアギレフ)の装置、衣装を製作

 1927年  若き愛人マリーテレーズとの出会い 

 1928年  彫刻に専心する

 1930年  『ピカソ夫人像』がカーネギー賞を受賞

 1931年  『変身譚』の挿絵を制作。

 1932年  マリ・テレーズ・ヴァルテルと共同生活を始める

 1934年  スペインへ旅行、『闘牛』連作を描く

 1935年  マリー=テレーズとの間に長女マヤが生まれる 

 1936年  スペイン内戦勃発(ー1939年)
        人民戦線政府の依頼によりプラド美術館長に就任

 1937年  銅版画《フランコの嘘と夢T、U》出版
        《ゲルニカ》とその習作45点 パリ万博に展示 

 1939年  ニューヨーク近代美術館で個展
        《アンティーブの夜釣り》

 1940年  占領下のパリへ帰る

 1941年  戯曲『尻尾をつかまれた欲望』を書く

 1943年  愛人フランソワーズ・ジローとの出会う 

 1944年  フランス共産党入党

 1945年  ロンドン、ブリュッセルで個展

 1946年  フランソワーズ・ジローと共同生活を始める

 1947年  フランソワーズ・ジローとの間にクロードが生まれる

 1949年  フランソワーズ・ジローとの間に妹、パロマが生まれる 

 1951年  《朝鮮の虐殺》

 1952年  《戦争と平和》のパネルを制作

 1953年  ジャクリーヌ・ロックとの出会い 

 1955年  カンヌ−ラ・カルフォルニに住む

 1957年  ニューヨーク近代美術館にて「ピカソ75歳記念展」開催
        《ラス・メニーナス》連作を始める

 1958年  《イカルスの墜落》(パリ、ユネスコ本部)

 1961年  ジャクリーヌ・ロックと結婚 

 1964年  日本、カナダで回顧展

 1966年  パリ グラン・パレ、プティ・パレで回顧展

 1967年  シカゴで巨大彫刻《シカゴ・ピカソ》公開

 1968年  版画に専心、半年間に347点(347シリーズ)を製作

 1970年  アヴィニョン法王庁で140点の新作油絵展
        バルセロナのピカソ美術館開館。


 1971年  ピカソ90歳の誕生日を記念して、ルーブル美術館にて回顧展 

 1973年  4月8日死去 

 1977年  マリー・テレーズ・ヴァルテル、67歳で自殺


 
                   ピカソの家族


             ホセ・ルイス・ブラスコ──┬──マリア・ロペス・ピカソ
                          │
                         ┌┴──────┬─────┐
                         │       │     │
                         │       ロラ  コンチータ    
                         │    
     オルガ──┬─────────────パブロ──────────────ジャクリーヌ
    コクローヴァ│ マリー=テレーズ──┬─ピカソ───┬─フランソワーズ  ロック
          │    ワルテル   │       │  ジロー 
          │           │       │        
          │           │     ┌─┴─┐     
 エマニュウエル┬パウロ─┬クリスティーヌ マヤ  クロード パロマ  
   ロッテ  │    │ ポーブラン                
        │    │
        │    │
    ┌───┴┐   │
  パブリート マリーナ ベルナール
ピカソ画面に戻る