ホーム > 現代美術作家 > 李禹煥 > 李禹煥略歴


李禹煥(1936- )
リー・ウーファン
LEE UFAN

 1936年  韓国に生まれる

 1956年  ソウル大学校美術大学を中退して来日

 1961年  日本大学文学部哲学科卒業
        在学中ハイデッカーやニーチェなどの西洋思想を学ぶ
        かたわら、洋画や韓国の伝統的絵画を学ぶ

 1969年  「事物から存在へ」が美術出版社・芸術評論募集に入賞。


 1970年  〈点より〉、〈線より〉の秀れた平面作品のシリーズ制作

 1971年  評論集『出会いを求めて』(田畑書店)を出版、国内外の美術界に影響を与える。

 1972年  多摩美術大学で後進の指導にあたる

 1977年  現代日本美術展で東京国立近代美術館賞
        カッセルの「ドクメンタ6」に出品

 1979年  東京国際版画ビエンナーレ展で京都国立近代美術館賞
        ヘンリー・ムーア大賞展で優秀賞受賞

 1990年  韓国文化省より 文化勲章花冠

 1991年  フランス文化省より 芸術文化勲章シュヴァリエ

 1994年  日本文化デザイン賞

 2001年  世界文化賞 絵画部門賞

 2002年  上海ビエンナーレ ユネスコ賞
        紫綬褒章授章

 2006年  第47回毎日芸術賞

 2007年  フランス政府より レジオンドヌール勲章

 2009年  旭日小綬章授章

 2010年  香川県直島町に初の個人美術館である李禹煥美術館が開館

 1960年代末期から70年代初頭にかけてものを使った「彫刻」を発表し、
  また一連の評論活動によって関根伸夫とともにいわゆる「もの派」の中核を
  形成し、当時の美術の動向を主導する作家の1人となる。

李禹煥(リー・ウーファン)画面に戻る