ホーム > 日本洋画作家 > 斎藤清 > 斎藤清略歴

斎藤清(1907-1997)

 1907年 福島県河沼郡会津坂下町に生まれる 

 1911年 北海道夕張に転居

 1931年 上京し独学で絵を学ぶ

 1932年 第9回白日会展に油彩を出品、初入選

 1933年 第1回東光会展に油彩が入選する 

 1935年 第10回国画会展に油彩を出品、初入選
 
 1936年 初めて木版画を制作
       第5回日本版画協会展に出品、初入選 

 1937年 第12回国画会展版画部門に初入選(〜97)
       離郷後初めて会津坂下町の叔母を訪ねる  

 1940年 「会津の冬」の第1号を制作する 

 1944年 朝日新聞社に入社(1954年退社) 

 1948年 サロン・ド・プランタン展に「ミルク」を出品、1等賞受賞

 1949年 国画会会員に推挙される  

 1951年 サンパウロ・ビエンナーレに「凝視(花)」を出品
       サンパウロ日本人賞受賞
       三越にて「斎藤清創作版画展」開催、以後毎年開催 

 1952年 アメリカで初の個展開催(ニューヨーク) 

 1955年 アメリカ・シアトル美術館で「斎藤清と彼の仲間たち展」開催

 1956年 アメリカ国務省、アジア文化財団の招きでアメリカ、メキシコを訪問
       各地で実技指導を実施、個展を開催 

 1957年 第2回リュブリアナ国際版画ビエンナーレに出品、受賞
       アジア・アフリカ諸国国際美術展に出品、受賞
       「斎藤清木版画展」ワシントン・コーコラン美術館にて開催  

 1959年 訪仏、パリに滞在しスケッチを重ねる

 1962年 「斎藤清版画展」のためニューヨーク訪問

 1964年 ハワイ大学芸術祭に招待される
       ホノルル美術館で版画展開催 

 1965年 版画展のため、オーストラリア訪問
       帰途タヒチを取材する 

 1967年 インド文化省主催による版画展のためインドを訪れる

 1969年 「斎藤清展」開催(カナダ・グレータービクトリア美術館)
       (アメリカ・サンディエゴ美術館) 

 1970年 連作「会津の冬」最初の20点を発表
       鎌倉市に転居  

 1976年 福島県より県外在住者知事表彰を受ける
       柳津町名誉町民となる 

 1977年 「斎藤清展」開催のためチェコスロヴァキアを訪れる 

 1981年 秋の叙勲で勲四等瑞宝章受賞 

 1983年 「斎藤清展」神奈川県立近代美術館にて開催 

 1987年 鎌倉市から柳津町に転居

 1994年 「米寿記念・斎藤清展」小田急美術館にて開催
       「墨画から版画斎藤清展」東京ステーションギャラリーにて開催

 1995年 国の文化功労者に顕彰される。 

 1997年 「斎藤清の全貌展」福島県立美術館にて開催
       やないづ町立斎藤清美術館開館
       記念展を開催
       11月14日会津若松市の病院で逝去 享年90歳  

 1998年 国画会客員に推挙される 

 2000年 皇太子同妃両殿下が当館をご来訪 
斎藤清画面に戻る
カウンター