ホーム > 日本洋画作家 > 斎藤真一 > 斎藤真一略歴

斎藤真一(1922-1994)


 1922年 1月6日岡山県児島郡味野町に生まれる

       小学校の頃から時代がかった風景を題材にして絵を描いていた。 

 1942年 岡山師範卒業後,東京美術学校師範科に入学したが

 1943年 学徒出陣

 1946年 復学、

 1948年 東京美術学校図画師範科卒業
       第4回日展に「鶏小屋」が初入選

 1952年 光風会第38回展に「閑窓」が入選

 1953年 静岡の伊東高校教師を務める(-71) 

 1957年 光風会第43回展に「立春の道」を出品し、プールヴ賞を受賞する

 1959年 渡仏,自転車,バイクでヨーロッパを放浪する、藤田嗣治と親交を結ぶ

 1960年 帰国後,初の個展を開催(文藝春秋画廊)

 1962年 瞽女に惹かれ、盲目の女性を描く

 1965年 この年から約10年間,越後に通い 女宿巡りをする 

 1970年 「越後瞽女日記展」開催(羽黒洞主催、文芸春秋画廊)

 1971年 「星になった瞽女(みさお瞽女の悲しみ)」が第14回安井賞展佳作賞受賞 

 1972年 「越後瞽女日記」刊行(河原書房新社)
       「瞽女=盲目の旅芸人」刊行(日本放送協会)

 1973年 「瞽女=盲目の旅芸人」で第21回エッセイストクラブ賞受賞
       「越後瞽女日記」でADC賞を受賞

 1974年 「津軽じょんがら―瞽女日記展」開催(羽黒洞主催、上野松坂屋)
       「津軽じょんがら―瞽女日記」刊行(大西書店)

 1975年 「お春瞽女物語り展」開催(羽黒洞主催、上野松坂屋)
       私家版「お春瞽女物語りノート」刊行(制作:大西祥司)
       第11回フランス賞展2席入賞 

 1977年 「瞽女斎藤真一画集」刊行(毎日新聞社)
       カルド・マディニオン画廊(パリ)にて個展開催
       スイス、バーゼルのクンストメッセ(国際画商見本市)に出品(-79)
       「瞽女物語」刊行(講談社)

 1978年 「絵日記瞽女を訪ねて」刊行(日本放送出版協会)
       ドイツのアキシオム画廊(ゲルン)主催での個展開催のため渡欧
       「斎藤真一放浪記」刊行(美術出版社)

 1979年 「さすらい・斎藤真一展」開催(池袋西武百貨店9
       「斎藤真一作品集 1941〓1979」刊行(不忍画廊)

 1980年 「さすらい―斎藤真一画集」刊行(講談社)
       イタリア、スイスを旅行する
       「斎藤真一・さすらい画集原画展」(不忍画廊)

 1981年 岡山県総合文化センターに油彩14点を寄贈、斎藤真一記念室開設
       ヴィクトリア美術館(モントリオール)に作品収蔵 

 1982年 紺綬章授章受章
       「斎藤真一の世界展」開催(毎日新聞社主催、阪急ナビオ美術館他にて)
       「画廊コレクションによる斎藤真一展」(不忍画廊)

 1983年 「一寸昔」刊行(青英社)
       ミニアチュール銅版画集「走馬灯」刊行(美術出版社)
       「風雨雪」刊行(青英社)

 1994年 水上勉「長い橋」(日本経済新聞)の挿絵を一年間連載

 1985年 「絵草紙 吉原炎上」刊行(文芸春秋)
       「明治吉原細見記」刊行(河出書房新社)
       「ぶっちんごまの女(母の記)」刊行(角川書店)
       「斎藤真一・明治吉原細見記展」開催
       (毎日新聞社・西武美術館主催、西武アートフォーラム・阪急ナビオ美術館)

 1986年 「明治吉原細見記展」(天満屋岡山店)
       ポルトガルを旅行する

 1987年 「斎藤真一放浪記」刊行(美術出版社)
       「明治の吉原とその女たち―斎藤真一展」開催(日本橋高島屋)
       「明治吉原細見記」「吉原炎上」が五社英雄監督で映画「吉原炎上」として上映

 1989年 「大正ロマンと昭和ロマン竹久夢ニと斎藤真一」展開催
       (阪急ナビオ美術館・毎日新聞社主催)

 1990年 第7回洋画常設特別陳列「斎藤真一展」開催(岡山県立美術館)

 1991年 「昭和の美術」第6巻(毎日新聞社)に「現代の孤独」が選ばれる
       倉敷市立美術館において「第4回郷土作家展斎藤真一」開催 

 1992年 「哀愁の街角ポルトガルにて斎藤真一新作小品展」開催(不忍画廊)

 1993年 山形県天童市に出羽桜美術館分館 斎藤真一心の美術館が開館
       「斎藤真一展」3館同時開催
       (天童市美術館,出羽桜美術館,斎藤真一心の美術館)

 1994年 逝去 享年71歳
        「斎藤真一遺作展」開催(不忍画廊)(以降毎年開催)

 1995年 「斎藤真一の世界―想い出の伊東展」開催(池田二十世紀美術館)

 1997年 劇団文化座により「越後瞽女日記・瞽女さ、きてくんない」が再公演される
       「斎藤真一が描く、高田瞽女 越後瞽女日記展」開催(上越市立総合博物館)

 1996年 TIAF/不忍画廊ブースにて「斎藤真一秀作展」

 1999年 「失われし心への旅 斎藤真一展」開催(東京ステーションギャラリー)

 2003年 「出羽桜美術館コレクションによる斎藤真一名作展」開催(リアス・アーク美術館)
       岡山県立美術館にて個展「斎藤真一 さすらい展―なつかしき故里をもとめて」
       新津市美術館にて「越後の瞽女を描く 木下晋 斎藤真一展」

 2004年 滑川市博物館にて「瞽女の境涯を描く-斎藤真一展」
斎藤真一画面に戻る