ホーム > 日本洋画作家 > 原清一 > 原清一略歴

原清一(1908-1986)

 1908年 2月27日神奈川県藤沢市に生まれる

 1924年 川端画学校に通う、満鉄五郎に師事

 1926年 第5回国画創作協会洋画部に水彩「四月風景」が入選

 1927年 第5回春陽会展に「冬の風景」が入選(以後同展に出品を続ける)

 1936年 第14回春陽会展に「青年立像」で春陽会賞受賞

 1937年 春陽会会友に推挙
       応召し1941年まで戦地に赴く

 1942年 第20回春陽会展に「笛吹き」などを出品し岡田賞を受け春陽会会員に推挙

 1943年 再度応召

 1946年 戦地から帰国

 1947年 読売新聞社主催第2回新興美術展に「裸婦」他を出品し、読売美術賞受賞

 1948年 国画会会員に推挙(-67)
       現代日本美術展、日本国際美術展、国際具象展、国際形象展等に制作発表

 1957年 渡欧

 1970年 再渡

 1975年 女子美術大学教授に就任

 1982年 神奈川県立近代美術館で回顧展開催

 1986年 逝去 享年78歳
原清一画面に戻る
カウンター