ホーム > 現代美術作家 > 白髪一雄 > 白髪一雄略歴


白髪一雄(1924-2008)

 1924年  兵庫県尼崎市に生まれる

 1942年  京都市立絵画専門学校日本画科(現京都芸大)入学
    
 1944年  徴兵を受ける

        終戦後復員した後、肺炎リューマチにより約一年間自宅で療養
        外山卯三郎「二十世紀絵画大観」「純粋絵画論」等の著作に啓発
      
 1948年  京都市立絵画専門学校絵画科を卒業し、大阪市立美術研究所に通う

 1952年  「0会」の結成に参加

 1954年  「0会」展に足を用いて描く作品を、初めて発表
        白髪一雄を中心に結成された具体美術協会の会員となる
        
 1955年-72年 具体美術協会に参加、第1回-第21回具体展、具体の全展覧会に出品 

 1957年  ミッシェルタピエに認められ、アンフォルメル招待作家となる
  
 1958年  ミシェル・タピエと契約し、ヨーロッパに向けての制作が始まる
        「新しい絵画−アンフォルメルと具体−」展出品

 1959年  第11回プレミオリソーネ展(イタリア)で買上賞受賞

 1960年  第4回日本国際美術展に招待出品
  
 1962年  パリ・スタドラー画廊にて個展
        トリノ国際美術研究所及びノティティエ画廊にて個展
        東京画廊にて個展
        
 1963年  第14回選抜秀作展(朝日主催)に出品以後同展に第16回、17回と出品
        現代絵画の動向展(国立近代美術館京都分館)
        第1回ローザンヌ国際画商展(ローザンヌ、カントナル・デ・ボザール美術館) 
        
 1964年  東京画廊にて個展
        長岡現代美術館会館記念展(長岡現代美術館) 

 1965年  「日本の新しい絵画と彫刻」展出品(アメリカを巡回)
        第8回日本国際美術展で優秀賞受賞
        第2回尼崎市市民芸術賞受賞
        
 1966年  第1回ジャパン・アート・フェスティバル(1967まで全米4か所を巡回) 

 1967年  第2回ジャパン・アート・フェスティバル(全米を巡回) 

 1969年  第1回ヒロシマ・ルネッサンス美術展(広島県立美術館)
        形態化の直感的抽象の空間展(ミラノ、アルテ・コルティナ画廊) 
  
 1970年  万国博覧会美術館現代躍動部門に招待出品
        ヒューマン・ドキュメンツ’70(東京画廊)
  
 1971年  比叡山延暦寺で修業し僧となる
  
 1975年  「抽象の四人展」出品(兵庫県立近代美術館)

 1977年  「近代日本の洋画」展出品(兵庫県立近代美術館)
  
 1979年  「吉原冶良と具体その後」展出品(兵庫県立近代美術館)
        「想像から創造展」出品(大阪市民ギャラリ)
        「近代日本美術の歩み展」出品(東京都美術館、京都市立美術館) 
        
 1980年  <個展>(東京画廊)
        「日本の洋画 戦後20年の足跡」展出品(京郡市立美術館)
        「アジア現代美術展」出品(福岡市美術館)
         
 1981年  「現代美術の世界」展出品(奈良県立美術館6月)
        「大橋喜コレクション現代美術の世界」展出品(奈良県立美術館)
        「世界現代の美術」展出品(国立国際美術館)
        「1950年代 その暗黒と光芒」展出品(東京都美術館)
        「現代日本の美術」展出品(宮城県立美術館)
        「1960年代、現代美術の転換期」展出品(東京国立近代美術館)

 1982年  「近代日本の美術1945年以後」展出品(東京国立近代美術館)
         自髪一雄展(ギャラリー白〈大阪〉)
        「現代日本美術の展望 油絵」展出品(富山県立近代美術館)
        「日本の洋画展 戦後30年の展望」展出品(広島県立美術館)
 
 1983年  現代の日本の美術」展出品(東京都美術館)
        「日本洋画の秀作展」出品(和歌山県立近代美術館)
        
 1984年  <個展>(東京画廊)
          「現代絵画の20年 1960−70年代の洋画と新しい平面」展出品
          (群馬県立近代美術館)
        元永定正、白髪一雄展(和歌山県立近代美術館)
        「現代美術1950〜1970展」出品(八尾西武ホール) 

 1985年  「85兵庫の美術家」展出品(兵庫県立近代美術館)
        「東京画廊ヒューマンドキュメンツ」展出品(東京画廊)
        白髪一雄の仕事展(京都ギャラリーBe-Art)
        山村コレクション展示(国立国際美術館)
        <個展>白髪一雄展(西武百貨店コンテンポラリーアートギャラリー)
        <個展>白髪一雄の世界<抽象のダイナミズム>(兵庫県立近代美術館)
        「吉原冶良と具体」(芦屋市民センター9月)
        「絵両の嵐・1950年代アンフォルメル/具体/コブラ」展出品(国立国際美術館)
        「日本現代絵画展」出品(ニューデリー国立近代美術館)
        「現代美術の40年」展出品(東京都美術館)
        「日本前衛美術の展開1945〜1965」展出品(オックスフォード近代美術館)
        「具体ー行為と絵画展」出品(スペイン国立現代美術館) 

 1986年  「再構成・日本の前衛美術の展開1945〜1965」展出品
        (エジンバラフルイットマーケットギヤラリー)
        「具体ー行為と絵画展」出品(ベオグラード国立近代美術館)
        「現代美術・その先駆者たちと現在」展出品(つかしんホール)
        「日本現代美術展」出品(台北市立美術館月)
        「ジャパ二一ズ・アート・トゥデイ」展出品
        (サンディエゴ・カリフォルニア大学マンデビルギャラリー)
        「現代の美術」展出品(東京都美術館)
        「ハイライト展」出品(池袋西武百貨店コンテンポラリーアートギャラリー)
        「スペイン、ユーゴスラビア帰国記念展」出品(兵庫県立近代美術館)
        「現代の白と黒展」出品(埼玉県立近代美術館)
        <個展>白髪一雄展(パリ・スタドラー画廊)
        「前衛芸術の日本展」出品(パリ・ポンピドーセンター)
        「1960年以後の美術」展出品(東京都美術館) 

 1987年  <個展>日本の過去と現在(マルセイユ、ラ・ヴィエィユ・シヤリテ)
        「美との対話、”87」展出品(富山県立近代美術館)
        「20世紀・世界の美術」出品
        (三重県立美術館、滋賀県立近代美術館、福島県立美術館)
        「世界の巨匠・少年時代の作品展」出品(阪急ナビオ美術館)
        兵庫県文化賞受賞
        「SHIRAGA1957‐1962」(具体グループ展)(ガレリア・ミラノ) 

 1988年  <個展>ギャラリー白(大阪)
        「”88美への招待展」出品(西宮市大谷記念美術館)
        「館蔵作品展Y「戦後の作品を中心として」」展出品(和歌山県立近代美術館)
        「現代美術への歩み」展出品(東京都美術館)
        「収蔵作品展U昭和63年度第1期」展出品(滋賀県立近代美術館)
        <個展>ベルリン 東京 現代美術交流展
        (西ベルリン、ゲオルグ・ノートフェルファ画廊白髪一雄展)
        「1986・87年度新収蔵作品展」出品(京都国立近代美術館)
        「近代美術にみる人間像展」出品(東京国立近代美術館)
        「芸術凧展」出品(大阪ドイツ文化センター企両主催)
        ( 日本各地、ヨーロッパ、アメリカ主要美術館巡回)
        「具体の作家」展出品(兵庫県立近代美術館)
        「手で見る美術展」出品(有楽町アート・フォーラム)
        「現代日本美術の動勢一絵画PART2」展出品(富山県立近代美術館)
        「11人の作家による現代美術1988展」出品(京都現代美術館)
 
 1989年   所蔵品にみる名作の系諸(コローから白髪一雄まで、新収蔵とともに)
        (新潟県立美術館博物館)
        「幻の山村コレクション展」出品(兵庫県年近代美術館)
        「現代美術の展開収蔵作品による」展出品(東京都美術館)
        「アート・エキサイティング”89」展出品(埼玉県立近代美術館)
        「昭和の美術」展出品(東京国立近代美術館)
        「所蔵品展ー戦後日本の現代美術」展出品(横浜美術館)
        「収蔵品展ー現代美術の軌跡」展出品(広島市現代美術館)
        「昭和20年代の京都・大阪・神戸現代美術の創造者たち」展出品
        (島取県立博物館)
        <個展>肉体とマチエールの出会い1947〜1989白髪一雄展
        (尼崎市総合文化センター)
 
 1990年  <個展>(東京画廊)
        「具体・末完の前衛集団」展出品(渋谷区立松涛美術館)
        「白髪一雄と佛教美術展」出品(ギャラリーKURANUKI)
        「真昼の昭和1945〜1970」展出品(目黒区美術館)
        「大阪の風景画選」展出品(京阪ギャラリー・オブ・アーツ・アンド・サンス)
        アントニオ・タピエス氏訪ねてくる(京都大徳寺にて)
        「現代美術の流れ・日本」展出品(富山県立近代美術館)
        <個展>新作展黒の世界(カサハラ画廊)
        「日本の前衛 1950年代GUTAI」展出品(ローマ国立近代美術館) 

 1991年  「SAGA」展出品(パリ・グラン・パレ)
        「昭和の洋画・戦後の姿」展出品(姫路市立美術館)
        「日本の抽象展」出品(アートミュージアムギンザ)
        「GUTAI」展出品(マチルデンへ一工・ダルムシユタット)
        「現代の美術・アメリカと日本」展出品(埼玉県立近代美術館)
        「七人展」出品(パリ・スタドラー画廊)
        <個展>リトグラフィー展(東京画廊)
        「線の表現 眼と手のゆくえ」展出品(埼玉県立近代美術館)
        「開館10周年記念特別展」出品(宮城県美術館)
        <個展>版画展(ギャラリー白川)
        「現代版画の変遷」展出品(芦屋市立美術博物館) 
 1992年  「具体美術協会の作家たち」展出品(宮城県美術館)
        「所蔵作品を中心に第1回秀作美術展」出品(尼崎市総合文化センター)
        「第4回あまがさきアラカルト芸術展」出品(尼崎市総合文化センター)
        「躍動する抽象展」出品(神戸海文堂ギャラリー)
        <個展>(パリ・スタドラー画廊、ダルムシュタット・サンダー画廊)
        「GUTAI(T)」展出品(芦屋市立美術博物館)
        「甦る野外展」出品(芦屋公園)
        「第5回あまがさきアラカルト美術展」出品(尼崎市総合文化センター)
        「佐藤春喜コレクション展」出品(SOKO東京画廊)
        「色の博物誌・青・永遠なる魅力」展出品(目黒区美術館)
        「カサハラ画廊20周年記念展」出品
        「筆あとの誘惑」展出品(京都市美術館)
        <個展>(ベルリン、ゲオルグ・ノートフェルファー画廊) 
        「1993一 GUTAI(U)」展出品(芦屋市立美術博物館)
        「第12回秀作美術展」出品(尼崎市総合文化センター)
        <個展>(喜多美術館)
        「芦屋の美術」展出品(芦屋市立美術博物館)
        <個展>(守口市京阪ギヤラリー・オブ.アーツ・アンド・サイエンス)
        <個展>(南フランスピレネー地区現代美術センター)
        (ラベージユとトゥールーズ市近代美術館・旧ジヤコハン派僧食堂)
        「べニス・ビエンナーレ」出品
        <個展>(名古屋ギャラリーAPA
        <個展>リトグラフ+シルクスクリーン(ギヤラリーサンセリテ)
        「具体グループ1955/56」展出品(ペンローズ・インスティトユート)
        <個展>リトグラフ+水彩展(ギャラリーmmg)
         
 1994年  「戦後日本の前衛美術」展出品(横浜美術館)
        「Nicaf」出品
        <個展>(東京画廊)以降1999年迄続く

 2008年  4月8日死去、享年83歳
白髪一雄画面に戻る