ホーム > 日本洋画作家 > 芝田米三 > 芝田米三略歴

芝田米三(1926-2006)

 1926年 京都に生まれる

 1939年 京都商業学校入学
       独立美術協会の今井憲一に油絵の指導を受ける

 1945年 芝田米三は軍隊生活で中断していた絵の勉強を再開
       独立美術京都研究所に入所、 須田国太郎に師事

 1946年 独立展出品(以降ほぼ毎年出品)

 1947年 独立展入選 1950年 独立展独立賞受賞
       サロン・ド・プランタン賞受賞

 1958年 独立展会員に推挙
       日本国際美術展招待出品

 1961年 個展開催(銀座・サヱグサ画廊、以降多数開催)

 1963年 安井賞展安井賞受賞
       東京国立近代美術館が作品買上げ 

 1965年 ヨーロッパ取材旅行

 1966年 独立展G賞受賞

 1968年 彼末宏、島田章三と共に 三人展(サヱグサ画廊)
       京都現代美術秀作展選出

 1971年 渡欧(同73年)

 1974年 安井賞選考委員に就任
       日伯美術連盟評議員に就任

 1975年 サンパウロ州議会より騎士賞授与

 1978年 京都府芸術会館理事に就任

 1979年 芝田米三はソビエト文化省に招待される

 1989年 京都府文化功労賞受賞

 1993年 芝田米三は独立美術協会功労賞受賞
 
 1994年 京都市文化功労賞受賞
       日本芸術院賞受賞 日本芸術院会員に任命

 1999年 勲三等瑞宝章受章

 2002年 金沢美術工芸大学教授退任

 2003年 独立美術協会70回記念展出品(大阪高島屋)
       京都市美術館開館70年記念展出品

 2006年 21世紀展出品     
       5月15日逝去 享年79歳
芝田米三画面に戻る
カウンター