ホーム > 日本洋画作家 > 石川滋彦 > 石川滋彦略歴

石川滋彦(1909-1994)

 1909年 東京都に生まれる

 1927年 東京美術学校西洋画科入学(岡田三郎助に師事)

 1929年 第10回帝展に初入選

 1935年 光風会展光風賞受賞

 1936年 東京美術学校研究科修了

 1938年 第3回文展特選

 1939年 第2回文展連続特選
       文展特選,文展無鑑査、光風会会員となる

 1947年 新制作協会に移り会員となる。以後新制作展出品

 1957年 欧州作品展を開催、以来ほぼ毎年個展開催

 1960年 志賀高原に度々取材

 1966年 カリフォルニア旅行、その後毎年のように海外スケッチ旅行に行く
       晩年は初夏のアムステルダム運河風景を好んで描いた

 1975年 画集「石川滋彦・人と作品」刊行

 1986年 第10回長谷川仁記念賞受賞

 1994年 逝去 享年84歳

       新制作協会会員、日本美術家連盟常任理事
石川滋彦画面に戻る
カウンター