ホーム > 日本画作家 > 伊東深水 > 伊東深水略歴


伊東深水(1898-1972)

 1898年  東京、深川に生まれる 本名:一(はじめ)
 
 1907年  小学校3年で中退、以後は看板屋に奉公し住み込みで働く
 
 1908年  職工となり東京印刷の活字工になる。日本画家の中山秋湖に日本画を習う

 1911年  鏑木清方に師事
        師より生地深川の「深」と清方の清から「水」から「深水」の号を与えられる

 1912年  第12回巽画会展に『のどか』が初入選

 1913年  巽画会1等褒状

 1914年  再興第1回院展に『桟敷の女』が入選、東京印刷を退社する

 1915年  第9回文展に『十六の女』が初入選

 1916年  渡辺版画店から第1作『対鏡』を発表、新版画運動に参加
        東京日日新聞などに挿絵を描く

 1919年  好子と結婚し長男と二男をもうける

 1922年  平和記念東京博覧会で『指』が2等銀牌受賞

 1927年  深水画塾(後に朗峯画塾と改める)設立主宰

 1932年  山口蓬春、児玉希望らと青々会設立

 1945年  長野県小諸市に疎開

 1948年  『鏡』で第4回日本芸術院賞受賞

 1949年  鎌倉に転居

 1950年  白鳥映雪、児玉希望、奥田元宋、佐藤太清等と日月社を結成

 1951年  第4回新文展に審査員として「現代裸婦像」出品

 1946年  第2回日本美術展覧会に審査員として「銀河祭り」出品

 1948年  「鏡」(第3回日展出品作)が日本芸術院賞受賞

 1950年  深水の青衿会と希望の国風会は発展的解消、日月社結成

 1958年  日本芸術院会員、日展理事就任

 1969年  社団法人日展顧問就任

 1970年  勲三等、旭日大綬章授章

 1972年  逝去 享年74歳
        墓所は品川区上大崎の隆崇院 法名は画光院一誉明澄深水大居士
        従四位下賜

伊東深水画面に戻る