ホーム > 現代美術作家 > ゾンネシュターン > ゾンネシュターン略歴

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン
Friedrich Schroder-Sonnenstern(1892-1982)


 1892年  リトアニア、東プロイセンのティルジット生まる
        本名フリードリヒ・シュレーダー
        郵便配達夫の父と、のちに狂死した母の間の13人兄弟のひとりとして誕生した
        
 1906年  女の子の衣服に小便をかけるなど数々なファナティックな悪戯により感化院に送られる
        
        十代のころ美術学校に入学するも退学処分となる

 1915年  第一次大戦時に兵役に着くが、自ら精神錯乱者と軍医に訴え、診断のうえ除隊
        処分となり精神病院に入院。

 1918年  精神病院を脱走するが数週間後に捕まり、不治として終身拘束を言い渡される
 
        のちに革命の末の恩赦で退院

 1920年  ベルリンに渡り、占星術師兼磁気治療師として事務所を開く
 
 1930年  薬剤法違反、詐欺的医療行為、医薬品偽造の罪で6週間の禁固刑を宣告され、さらに
        精神病院に強制入院となる
        そこで同じく入院していた「狂人=画家」の勧めで色鉛筆で絵を描くことを始めた

        「ゾンネンシュターン」とは、ドイツ語の「太陽Sonne」と「星(Stern)」からなり、
        自らを「月の精の画家」と称した
 
        作品がアンドレ・ブルトンの目にとまるなどして、60歳を過ぎたころに画家としての
        名声をはくすが、本人はそれを恨みに思う旨の文章を遺した

 1982年  ベルリンで没する 
ゾンネシュターン画面に戻る
カウンター