ホーム > 現代美術作家 > フランクステラ > フランクステラ略歴

フランク ステラ
Frank STELLA(1936- )


 1936年   アメリカ、ボストン郊外に生まれる 

 1954年   プリンストン大学に入学。絵画と美術史を学ぶ  

 1958年 ニューヨークに居を移す  

 1964年 グッゲンハイム美術館での変形キャンバス展に出品 

 1965年 ニューヨーク近代美術館での応答する眼展に出品  

 1968年 カッセル・ドクメンタに出品 

 1969年 絵画と彫刻1940−1970展に出品 

 1970年 ニューヨーク近代美術館にて回顧展開催 

 1971年 デュッセルドルフ美術館で版画回顧展開催 

 1978年 テキサス、フォート・ワース美術館で70年代以降のステラ展開催 

 1980年 スイス、バーゼル美術館で1956年−1970年ワーキング・ドローイング展開催 

 1982年 時代精神展に出品
       ミシガン大学美術館で1967−1982全版画展開催 

       フランク・ステラは、時代に先駆けた近年の激しい作風の変貌によって、
       現代のアメリカ美術において最も注目されている作家の一人だろう。 

       1957年代末に、ニューヨークで始められた『ブラック・ぺインティング』
       は規則正しい黒のストライプが画面を覆うもので、そのイリュージョン
       を排する構成の厳格さによって注目された。
       その後、黒のみの絵画から次第にストライプと色の帯による画面構成へ
       と移行し、変形キャンバスを用いるようになる。
       これは描かれたものと支持体との等価性を示すものだが、『視えるもの
       だけが視える』とするこの画家のコンセプトをよく示したものといえる。
       この時期には、こうして徹底した色と形態の処理によって、ミニマル・ア
       ートを代表する作家の一人となったが、1970年代に入ると、構成主義的な
       レリーフから一転して激しい筆触による表現主義的な作風へと変化している。 

       『エキゾチック・バード』、『サーキット』といったこの時期のシリーズは、
       1980年代の新たな表現主義の潮流に大きな影響を与えた。 
フランクステラ画面に戻る
カウンター