ホーム > 現代美術作家 > 菅井汲 > 菅井汲略歴


菅井汲(1919-1996)

 1919年  神戸市東灘区御影町に生まれる 

 1937年  阪急電鉄にて商業デザインの仕事につく 

 1952年  渡仏。この間、イタリア人画家パオロ・バロールズらと知り合う
 
 1954年  クラヴェン画廊と契約。詩人、ジャン=クラランス・ランベールらと親交
 
 1955年  ピッツバーグ・カーネギー・インスティテュート国際美術展出品
        (以後、58、61、67、70年に出品)
 
 1957年  ニューヨークのクーツ画廊と契約
        東京国際版画ビエンナーレ展第一回展出品 

 1958年  ブリュッセル、万国博覧会フランス館における「20世紀美術」展出品
 
 1959年  カッセル、第2回ドクメンタ展出品
        リュブリアナ国際版画展出品
        (以後、61、63、65、69、70、73年に出品)
        サンパウロ・ビエンナーレ展出品 

 1960年  ウイーン現代フランス絵画展出品
        東京国際版画ビエンナーレ出品
        ドイツ、レーベルベルクーゼン国立美術館にて回顧展
 
 1961年  エコール・ド・パリ展出品
        毎日日本国際美術展出品
 
 1962年  この頃より主観性を廃し、対象物を記号化した明快でスピード感ある表現を展開
        エコール・ド・パリ展出品
        パリ、シュルアンデパンダン展出品
 
 1963年  ハノーバー、ケストナー協会にて回顧展
 
 1964年  ハンブルグ、「デイ・インゼル」にて回顧展
 
 1965年  プラハ、世界グラフィックの現代諸流派展出品
        東京国際近代美術館
        海外在住日本作家展出品

 1966年  クラコウ国際版画展出品
        (以降、68、70、72、74年にも出品)
        東京国際版画ビエンナーレ展出品
 
 1967年  バカンスからの帰り、パリ郊外で交通事故を起こす
        頸部骨折の重傷を負うが奇跡的に一命をとりとめる
        カナダ、モントリオール万国博覧会フランス館に出品
        パリコンパレゾン展出品
        パリ、ガリエラ美術館における「ジャズの時代展」に出品
 
 1968年  退院後、東京国立近代美術館の壁画制作に専念
        フランス絵画1900-1967展出品(アメリカを巡回)
        ヴェニス・ビエンナーレ展出品
        パリ、今日のヨーロッパ絵画展出品
 
 1972年  東京国立近代美術館、京都国立近代美術館「在外日本人作家展」出品
 
 1976年  菅井汲全国展
 
 1980年  菅井汲新作版画全国展(現代美術センター)
 
 1984年  巨大リト制作
 
 1991年  東京、芦屋倉敷にて新作展巡回(−93)
 
 1996年  5月14日心不全により逝去 享年 77歳 

菅井汲)画面に戻る