ホーム > 現代美術作家 > 杉全直 > 杉全直略歴

杉全直(1914-1994)

 1914年 東京都品川区に生まれる

 1934年 東京美術学校油画本科入学

 1936年 第23回二科展に「蓮池」が初入選
       この頃からシュルレアリスム風の作品を描き始める

 1937年 油画科同期生有志でグループ・貌を結成

 1938年 東京美術学校卒業

 1939年 第9回独立美術協会展に「鏡(映像)」「頌歌」を出品
       独立美術協会賞受賞
       美術文化協会の設立に同人として参加

 1940年 第1回美術文化協会展に「氷柱」「エンジン」を出品
       以後出品を続ける

 1953年 美術文化協会を脱退し、無所属となる
       この頃からキュビスム的要素を強める

 1960年代重厚なマチエールの亀甲形フォルムによるきっこうシリーズ発表

 1962年 第31回ヴェネチアビエンナーレに「きっこう」などを出品

 1968年 多摩美術大学美術学部油画科教授就任

 1977年 東京芸術大学美術学部油画科教授就任

 1981年 第31回芸術選奨文部大臣賞を受賞

 1994年 死去 享年79歳
杉全直画面に戻る
カウンター