ホーム > 日本画作家 > 杉山寧 > 杉山寧略歴


杉山寧(1909−1993)

 1909年  東京・浅草に生まれる

 1929年  東京美術学校日本画科入学

 1931年  帝国美術院第12回美術展覧会に「水辺」が入選

 1932年  第13回帝展に「磯」が特選

 1933年  東京美術学校日本画科卒業

        卒業制作「野」は首席となる 

 1951年  長い沈黙を破り第7回日展に「エウロペ」発表

 1956年  雑誌「文藝春秋」4月号から、安井曾太郎のあとを
        引き継いで同誌の表紙絵原画を制作する。(〜1986年)

 1957年  第12回日展出品作「孔雀」に対し、第13回日本芸術院賞受賞

 1960年  東宮御所のために果物を描いた「静物」制作

        宮内庁の依頼で「奏」を制作(現在皇后新宮殿「連翠」の間に掲げられる)

 1970年  日本芸術院会員に推挙

 1971年  日展の常務理事となる

        初の回顧展「杉山寧展」を開催 

 1974年  文化勲章を受章,併せて文化功労者となる

 1987年  杉山寧展(東京国立近代美術館・富山県立近代美術館)開催

 1991年  東京都名誉都民となる

 1992年  「杉山寧の世界」展が東京近代美術倶楽部で開催

        「淑」制作

 1993年  10月20日逝去。享年84歳 
杉山寧画面に戻る