ホーム > 現代美術作家 > 高松次郎 > 高松次郎略歴

高松次郎(1936-1998)


 1936年  東京都に生まれる

 1958年  読売アンデパンダン展に出品

 1962年  山手線内およびホームでハプニングを含む制作を行う

 1962年  赤瀬川原平、中西夏之らとハイレッド・センターを結成
 「ミキサー計画」「シェルター計画」等芸術と日常との境界を攪拌する様々な実験的活動を試みる

 1965年  若手芸術家の登竜門であったシェル美術賞において1席受賞
        長岡現代美術館賞展において「カーテンをあけた女の影」が優秀賞受賞

 1967年  パリ・ビエンナーレにてテアドロン財団賞

 1968年  ヴェネチア・ビエンナーレにおいてカルロ・カルダッツォ賞
        芸術選奨新人賞

 1972年  東京国際版画ビエンナーレ国際大賞受賞

 1996年  新潟市美術館にて個展開催

 1998年  死去 享年61歳

 1999年  国立国際美術館にて個展開催

 2000年  千葉市立美術館において個展開催

  1960年代〈影〉のシリーズ以降も、〈遠近法〉〈波〉など虚構と現実の相互侵食を問いかける
  作品を制作、後期には生命の根源を連想させる〈熱帯〉〈原始〉シリーズへと展開
高松次郎画面に戻る
カウンター