ホーム > 日本画作家 > 竹内浩一 > 竹内浩一略歴


竹内浩一(1941- )

 1941年  京都府に生まれる。

 1960年  京都市立日吉ケ丘高校日本画科を卒業 
        デザインスタジオに入社し、中路融人に出会う

 1966年  晨鳥社に入塾 山口華楊に師事

 1967年  第10回日展に「辺」を出品し、初入選

 1970年  第21回京展に「竹の林」を出品し毎日新聞社賞を受賞

 1971年  第6回日春展に「猫と花かご」を出品し奨励賞を受賞
        第22回京展に「椿の頃」を出品し市長賞を受賞

 1972年  第7回日春展に「耳鳴り」を出品し奨励賞受賞
        第23回京展に「野駆」を出品し、市長賞を受賞

 1975年  日春展に「霙」を出品し、日春賞を受賞

 1977年  第4回 山種美術館賞展に「猿図」を出品し、大賞受賞 

 1978年  京都芸術短期大学講師となる。初の個展開催 

 1979年  第11回日展に「霜」を出品し、特選受賞、文化庁買い上げ

 1980年  第2回日本秀作美術展に招待出品 

 1982年  四人展開催(京都現代美術館) 

 1983年  富山を描く100人100景展(富山県立近代美術館)
        四人展開催(京都現代美術館) 

 1984年  第1回横の会展に出品
        第1回冉冉会に出品(以後毎回出品) 

 1985年  現代日本画展(パリ他巡回) 

 1987年  NHK婦人百科エッセイに装画(12葉) 

 1988年  第20回日展特選受賞

 1989年  ユーロパリア’89ジャパン現代日本画展に「蓑」を出品。(ベルギー) 

 1990年  「竹内浩一小下図展」に小下図39点を出品

 1991年  京都美術文化賞受賞
        第23回日展に「さざれ」を出品。日展審査員となる 

 1992年  第24回日展に「銀の淑」を出品 

 1993年  第10回冉冉会に「紅づる」を出品
        「双」を制作 第25回日展に「只」を出品
        セレネ美術館の招待により、黒部峡谷の作品制作開始
        現代日本画秀作展-黒部を描く作家たち-(セレネ美術館) 

 1994年  平安建都1200年記念「京の絵本」に「羅城門」の挿し絵を描く
        セレネ美術館にて「現代日本画秀作展〜黒部を描く作家達〜」開催
        黒部を描いた素描を出品

 1995年  セレネ美術館にて「田渕俊夫・竹内浩一 二人展」開催
        京都造形芸術大学教授となる

 1996年  第9回MOA岡田茂吉賞大賞を受賞
        上海美術館にて「竹内浩一展」が開催される

 1997年  京都府文化奨励賞を受賞。

 1998年  竹内浩一画集「風の暦」が刊行される

 1999年  「心の風と音−竹内浩一展」が開催される
        (銀座松屋、大丸ミュージアム京都)

 2002年  京都市立芸術大学教授となる

 2007年  京都市立芸術大学教授を退任

        現在 日展会員 
竹内浩一画面に戻る