ホーム > 日本洋画作家 > 片岡球子 > 片岡球子略歴

片岡球子(1905-2008)

 1905年 札幌市に生まれる

 1923年 北海道庁立札幌高等女学校師範科卒

 1926年 女子美術専門学校(現在の女子美術大学)日本画科高等科卒業
       横浜市立大岡尋常小学校教論就任

 1930年 第17回日本美術院展に「枇杷」が初入選

 1946年 第31回院展で「夏」が日本美術院賞受賞

 1948年 第33回院展で「室内」が日本美術院賞受賞

 1950年 第35回院展で「剃髪」が日本美術院賞、白寿賞受賞

 1951年 第36回院展で「行楽」が奨励賞、白寿賞受賞

 1952年 第37回院展で「美術部にて」が日本美術院賞、大観賞受賞
       院展同人に推挙

 1955年 大岡小学校を退職
       女子美術大学講師就任
       その後、助教授をへて教授に就任

 1961年 「渇仰」が昭和35年度文部省買上げ
        第11回芸術選奨文部大臣賞受賞
        日本美術院評議員に推挙

 1966年 愛知県立芸術大学日本画科の主任教授に就任
       第51回院展に「面構 足利尊氏、義満、義政」出品
       「面構」シリーズ制作静作

 1972年 個展「富嶽三十六景」がパリで開催

 1975年 「面構 鳥文斎栄之」が第23回日本芸術院恩賜賞受賞

 1976年 勲三等端宝章受章

 1978年 神奈川県文化章受章

 1982年 日本芸術院会員に推挙

 1986年 文化功労者として顕彰

 1989年 文化勲章受章 

 1992年 画行70年片岡球子展が日本橋三越とパリで開催

 1996年 画業75年 片岡球子展開催(〜1997年)

 2000年 「熱き挑戦−片岡球子の全像」展が横浜美術館で開催
 
 2001年 「画業80年 片岡球子展」が日本橋高島屋、横浜高島屋で開催
 
 2002年 「片岡球子 版画の世界展」が東急本店(渋谷)で開催

 2003年  神奈川近代美術館葉山館開館記念展」に「幻想」を出品

 2004年 「片岡球子が描く迫力の人間と山白寿記念片岡球子展−極める人間と山」が
       日本橋三越本店、三越大阪店、名古屋松坂屋美術館で開催
       日本万国博覧会(愛・地球博)の公式メダル(富士に献花)が発売される

 2005年 「現代日本の巨匠 片岡球子展100歳を記念して」開催
       (神奈川近代美術館葉山館、名古屋市美術館、茨城県近代美術館を巡回)

 2008年 1月16日急性心不全のため神奈川県藤沢市内の病院で死去 享年103歳
片岡球子画面に戻る
カウンター