ホーム > 日本洋画作家 > 東郷青児 > 東郷青児略歴

東郷青児(1897-1978)

 1897年 4月28日鹿児島市に生まれる(本名:鉄春)

 1915年 青山学院中等部卒業後、有島生馬に師事

 1916年 第3回二科展にオルフイスムの影響を受けた「パラソルさせる女」
       (福岡県大川市・清力美術館蔵)が初入選して二科賞受賞

 1921年 渡仏。リヨンの美術学校に学んだのちパリに移る
       一時期、表現主義に共鳴 したが、まもなくフォルムや構成に関心を
       持ち、1920年代後半にはキュビスムの強い影響による構成的な
       「ピエロ」や「サンタンバンク」を連作制作
       それら23点が滞仏中に二科展に特別陳列され、昭和洋画奨励賞受賞

 1930年 帰国。二科会員に推挙

 1942年 第5回新文展審査員に任命

 1945年 二科会再建に尽力、長年会長として同会をリードした

       にちに裸婦像に独自のマチエール、甘美な色調によるロマンティックな
       装飾的作風を繰り広げ、大衆的な人気を博した

 1957年 壁画「創生の歌」により日本芸術院賞受賞
       第4回日本国際美術展で大衆賞を受賞

 1959年 日本国際美術展で大衆賞受賞

 1960年 日本芸術院会員推挙

 1962年 サロン・ドートンヌ名誉会員となる

 1976年 東京・新宿に東郷青児美術館が開館

 1978年 旅先の熊本市で死去
東郷青児画面に戻る
カウンター