ホーム > 日本画作家 > 上村淳之作品ページ > 上村淳之略歴

上村淳之(1933− )


 1933年  4月12日、上村松園の孫として京都市に生まれる(本名:淳)

 1953年  京都市立美術大学日本画科入学
        祖母松園の没後空家になっていた奈良県平城の唳禽荘に移り住む
 
 1956年  新制作協会第20回展に「水」初入選

 1957年  京都市立美術大学日本画科卒業
        卒業制作は「鴨A」「鴨B」、美大作品展に出品、第一席(学校買上)
        専攻科に進学

 1959年  京都市立美術大学専攻科を修了
        第6回朝日新人展に「沼」を招待出品

 1961年  京都市立美術大学助手となる

 1966年  京都府日本画総合展に「熱国月明」出品、京都府買上となる

 1968年  新制作協会第32回展に「火鶏」等出品
        新作家賞を受賞、新制作協会会友に推挙

 1972年  京都市立芸術大学助教授に就任
        この年から画号「淳之」を用いる

 1978年  第5回創画展に「晨1」「晨2」(双幅)出品
        創画会賞受賞し文化庁買上となる

 1980年  第7回創画展に「雁(月明)」「雁(雪中)」出品
        創画会賞受賞

 1981年  上村淳之展が京都府立文化芸術会館で開催
        創画会会員に推挙

 1982年  京都市立芸術大学教授に就任

 1992年  「上村淳之-四季の譜・鳥に遊ぶ-」が新宿・伊勢丹で開催
        京都府文化功労者となる

 1993年  上村松篁、淳之自選展がパリ三越エトワールで開催

 1994年  松伯美術館開館、館長となる

 1995年  第51回日本芸術院賞受賞
        対象作品「雁金」(創画展出品作品) 

 1997年  「画業三代の精華上村淳之・松篁・淳之展」開催
        京都市立芸術大学教授を退任、同大学副学長に就任

 2002年  日本芸術院会員となる
 
 2004年  平城京大極殿復元プロジェクトに参加
        京都市学校歴史博物館館長に就任
        
 2005年  京都市学校歴史博物館館長となる
        全日本学士会アカデミア賞受賞
        創画会理事長

 2010年  平城京跡第一次大極殿内壁画制作

 2013年  文化功労者に選出

        現在 日本芸術院会員 京都市立芸術大学名誉教授
        
  学生時代から鳥を飼い始め、現在では一万坪の自宅の庭に280種、1300羽の鳥を飼う。
  「鳥は非常に清らかで潔い」という精神を持つ淳之は、“鳥の画家”と称されている。      
上村淳之画面に戻る
カウンター