ホーム > 日本洋画作家 > 梅原龍三郎 > 梅原龍三郎略歴

梅原龍三郎(1888-1986)

 1888年 3月9日、京都市下京区に呉服商の子として生まれる
       一時、良三郎と改名

 1903年 京都府立第二中学校を中退し、伊藤快彦、次いで浅井忠に洋画を学ぶ

 1908年 田中喜作と共に渡仏
       アカデミー・ジュリアンに入りバッセの教室に通う
       その間ルノワールに傾倒する

 1909年 カーニュのルノワールを訪問、以後師事

 1913年 帰国、神田・ヴィナス倶楽部で白樺主催個展を開き、「首飾り」等
       滞欧作110点を発表して注目を集めた

 1914年 二科会創立に参画(1918年退会)

 1921年 再渡仏

 1922年 小杉放菴らと春陽会結成

 1925年 春陽会を退会、国画創作協会に迎えられ、川島理一郎と洋画部新設

 1935年 帝国美術院会員に就任(1957年辞任)

 1942年 東京美術学校教授(のち東京芸術大学)

 1952年 文化勲章受章

 1986年 東京にて逝去 享年98歳

  昭和前期、大和絵や琳派の伝統的技術も摂取して、豊麗な色彩の独自な画境を築き、
  「桜島」連作や「紫禁城」(1940年、大原美術館蔵)、「北京秋天」(1942年、東京国立
  近代美術館蔵)等北京風景を制作
  安井曾太郎と並び梅原・安井時代と称された。
  戦後も度々渡欧、風景やバラなど豊かな情感で奔放に描き、日本洋画のひとつの形を
  完成させた 
梅原龍三郎画面に戻る
カウンター