ホーム > 現代美術作家 > 脇田和 > 脇田和略歴


脇田和(1908- 2005)

 1908年  東京都港区青山に生まれる

 1923年  青山学院中等部を中退し、ドイツに留学

 1925年  ベルリン国立美術学校に入学

 1930年  ベルリン国立美術学校を優秀な成績で卒業後、帰国 

 1932年  第28回太平洋画会展に「風景」を出品、初入選
        第19回光風会展「静物」が船岡賞受賞
        第13回帝国美術院展に「白い机の静物」を出品、初入選 

 1936年  猪熊弦一郎・小磯良平等と新制作派協会を結成
        第1回展に「ジャズバンド」「ダンス」「二人」を出品、以後毎回出品

 1937年  第2回新制作派協会展に「瀞」「渓」「森」を出品 

 1951年  跡見学園短期大学の教授就任
        第1回サンパウロ・ビエンナーレに「子供のカーニバル」を出品
        新制作派協会に創造美術(日本画家)が合流名称を新制作協会に改める 

 1955年  第6回秀作美術展「貝殻と鳥」を出品
        第3回日本国際美術展「あらそい」「鳥追い」を出品
        第3回サンパウロ国際ビエンナーレに「魚網」「慈鳥」「放鳥」「貝殻と鳥」を出品

 1956年  第2回現代日本美術展に出品
        第28回ヴェネチア・ビエンナーレに出品
        第1回グッゲンハイム国際美術賞の日本国内賞「あらそい」が選ばれる

 1957年  第21回新制作展「緑園」を出品

 1959年  東京藝術大学版画教室の非常勤講師就任 

 1960年  「海老原喜之助、脇田和リトグラフ二人展」開催
        第24回新制作展に「解体する五つの顔と鳥」「断層の人と鳥」を出品

 1964年  東京藝術大学助教授に就任

 1968年  東京藝術大学教授に就任 

 1984年  脇田和、野見山曉治、宮崎進新作三人展の第1回展開催(-88)

 1991年  軽井沢に脇田美術館が開館、館長に就任
        勲四等旭小綬章を受賞 

 1998年  文化功労者となる

 1999年  東京藝術大学名誉教授となる
        脇田和回顧展(神戸市立小磯記念美術館)
        小磯良平と脇田和展開催(脇田美術館)
        第33回新制作展に「土の香」「夜わの鳥」を出品     

 2002年  第66回新制作展「黄瀬戸の感触」を出品
        脇田和展開催(世田谷美術館) 

 2005年  11月27日心筋梗塞のため死去、享年97歳
脇田和画面に戻る