ホーム > 現代美術作家 > ヴォルス > ヴォルス略歴

ヴォルス
Wols(1913-1951)

Alfred Otto Wolfgang Schulze


 1913年  裕福なプロテスタントの家庭の息子としてベルリンに生まれる
        父アルフレートはワイマール共和国の高級官僚であり、当時の新しい絵画にも理解を示す教養人で、
        その息子オットーは幼時からバイオリンを習い,絵画,写真,音楽等に多彩な才能を示す少年であった

 1919年  父の出身地であるドレスデンに転居

 1929年  父が死去
 
 1930年  当時通っていた高校を退学処分になる。ユダヤ系の級友をかばいすぎたことが原因であったとされる

        高校退学後の彼は、メルセデス・ベンツの工場で働いたり、写真家のスタジオで助手を務めたりした
        
        フランクフルトにあったレオ・フロベニウス(民族学者、1873-1938)のアフリカ研究所に入り民族
        学と人類学を学んだこともあるが、数か月でここを去っている

        その後、前衛的な美術教育機関であるバウハウスにも入り、画家パウル・クレーの指導を受けが、
        ここにも短期間通っただけであった

 1932年  ナチスの支配に嫌気のさしていたヴォルスはドイツを去る決心をし、バウハウスのラースロー・モホイ
        =ナジの勧めもあってパリに移る
        
        パリではマックス・エルンスト、ジョアン・ミロ等、同時代の美術家とも知り合っているが、ヴォルス
        が本格的に絵画制作を始めるのはもう少し後のことである

        ヴォルスはパリで後に妻となるグレティという女性(ルーマニア系のフランス人)と知り合う

 1933年  グレティとともに隣国スペインへ旅立つ
        スペイン滞在中にドイツ軍へ従軍するようにとの通知を受けるが拒否し、政治亡命者としての道を選ぶ
        バルセロナでは危険人物として投獄されたこともある

        その後フランスに戻ったヴォルスは写真家として生計を立てようとした
        
 1937年  パリ万国博覧会では公式フォトグラファーに任命され、パリのレ・プレイヤード画廊で写真の個展を開催
        本名のWolfgang Shulzeを略したヴォルス(Wols)という名前を使い始めるのはこの時からである

 1939年  第二次大戦が勃発し、ヴォルスは敵国人として捕えられ、収容所へ送られる
        ヴォルスが本格的に水彩画の制作を始めるのはこの頃であった

 1940年  ヴォルスはフランス国籍のガールフレンドであるグレティと結婚し、釈放される
        カシ(マルセーユの近郊の港町)やデュルフィ(南仏,ドローム県)で過ごした後、終戦後に再びパリへ戻る

 1945年  ヴォルスはパリのルネ・ドルーアン画廊で個展を開催
        この頃からようやく美術家として評価されるようになる

        20世紀フランスを代表する文化人であるジャン=ポール・サルトルはヴォルスの作品を高く評価し、
        ヴォルスはサルトルやアントナン・アルトーの作品の挿絵を担当することとなる

 1947年  ドルーアン画廊で第2回の個展を開催
        彼の画家としての名声は次第に高まっていったが、常にラム酒の瓶を手放さなかったという彼の体は
        アルコール中毒に蝕まれており、健康は次第に悪化していった

 1951年  腐った馬肉で食中毒を起こしたことが元で死去
        38歳の若さであったが、不摂生のきわみにあった彼の風貌は衰え、50歳くらいにしか見えなかったという
ヴォルス画面に戻る
カウンター