ホーム > 現代美術作家 > ザオ・ウーキー > ザオ ウーキー略歴

ザオ・ウーキー
ZAO Wou-Ki、趙無極(1921-2013)


 1921年  2月12日北京で、宋王朝にまで遡ることができる名家に生まれる

 1935年  杭州美術学校に入学、6年後同校講師となる

 1948年  渡仏

 1951年  ヨーロッパ各地を旅行、スイスのパウル・クレーの作品に感銘する

 1950年代半ばより抽象絵画に取り組むようになり当時、フランスで大きな潮流となっていた
        「アンフォルメル」の画家たちとの交流から大きな影響を受けるやがて詩人アンリ
        ミショーに認められ、戦後のパリ画壇に確固たる地歩を固める
        以来今日まで半世紀以上にわたり、パリを拠点として、絵画のあるべき姿を模索する
        その作品は、アンフォルメルや抽象表現主義など、第二次世界大戦後の欧米における
        前衛芸術の展開をふまえながらも、書や水墨画といった東西の造形伝統を色濃く
        感じさせ、抽象絵画に独自の境地を切り開いたものであると言える

 1981年  パリ、国立グラン・パレ美術館で、個展を開催

 2013年  4月9日死去
ザオ・ウーキー画面に戻る
カウンター