ホーム > 日本洋画作家 > 山下清 > 山下清略歴

山下清(1922-1971)

 1922年 3月10日東京、浅草に生まれる

 1925年 重い消化不良にかかり3ヶ月後に完治したが
       それから軽い言語障害・知的障害となる

 1934年 八幡学園に入学
       貼絵のてほどきを受け、その特異な才能が発見される

 1936年 文藝春秋に作品が発表される

 1940年 突然八幡学園から失踪
       15年にわたる放浪生活を始める

       その旅で印象づけられた風景を貼絵にし、画家や文学者か
       ら絶賛される数々の傑作を制作する

 1956年 放浪生活に終止符
       以後数年間全国各地で作品展開催
       観客動員数800万人という大記録を達成

 1961年 ヨーロッパ一周スケッチ旅行に出る
       40余日間で数十ヶ国を廻る
       帰国後、50点以上の素描、水彩画の全国巡回展を開催
       1年に1作品という割合で、ヨーロッパの美しい風景の貼絵制作

 1964年 旅の記憶をもとに貼絵「グラバー邸」制作

 1971年 7月21日逝去 享年49歳
山下清画面に戻る