ホーム > 現代美術作家 > 横尾忠則 > 横尾忠則略歴

横尾忠則(1936- )


 1936年  6月27日兵庫県多可郡西脇町(現在の西脇市)に生まれる
        叔父の横尾家に養子に入り、かわいがられて育つ

 1943年  西脇国民学校に入学
        漫画を描くようになり『漫画少年』誌に投稿
 
 1949年  市立新制西脇中学に入学
 
 1952年  兵庫県立西脇高等学校に入学
        通信教育で挿絵を学び、油絵やポスター制作を開始する
        地元の印刷屋に就職
        地元の商店の包装紙のデザインを手がけ新聞社に引き抜かれる

 1956年  神戸新聞社へ入社
 
 1957年  結婚

 1960年  東京の日本デザインセンターに入社
 
 1964年  長女誕生
        宇野亜喜良、原田維夫と「スタジオ・イルフィル」結成(翌年、解散)

 1965年  三島由紀夫と出会い、後に共に仕事をする

 1967年  寺山修司の「天井棧敷」に参加
        ニューヨーク近代美術館に作品がパーマネントコレクションされる

 1969年  主役として出演した大島渚監督の映画『新宿泥棒日記』が公開される

 1970年  写真をはじめる

 1972年  ニューヨーク近代美術館で個展を開催

 1974年  篠山紀信とインド旅行

 1981年  渋谷西武で大規模な個展

 1982年  南天子画廊でペインティングの近作をまとめた個展
        横尾忠則の「画家宣言」として画家としての活動が活発になっていく

 1987年  兵庫県文化賞を受賞し、兵庫県公館に作品が展示保存される

 1995年  毎日芸術賞受賞

 2001年  紫綬褒章受章

 2002年  これまでで最大規模の個展「横尾忠則森羅万象」開催
        多摩美術大学大学院教授に就任(〜2004年)

 2004年  JR加古川線電化開業にあわせラッピング電車のデザインする
        多摩美術大学大学院客員教授(博士課程)に就任

 2008年  初の小説集『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞受賞

 2010年  神戸芸術工科大学大学院客員教授に就任

 2011年  旭日小綬章受章
 
 2012年  斬新なグラフィックデザイン・絵画の制作により2011年度朝日賞受賞
        神戸市灘区に横尾忠則現代美術館開館
横尾忠則画面に戻る
カウンター