ホーム > 日本洋画作家 > 横山操 > 横山操略歴

横山操(1920-1973)

 1920年 新潟県西蒲原郡吉田町(現・燕市)に町医者の私生児として生まれる
       その後、横山家に養子に出される
       名前の“操”とは出生と関係があるとする説もある

 1934年 洋画家を志し上京し、洋画家の弟子となる
       ポスターや看板描きなどで生活を立てながら洋画を学ぶ

 1938年 第25回光風会展に油彩画の『街裏』が入選する
       その後、師の勧めにより日本画に転向する

 1939年 川端画学校日本画部の夜間部に入学

 1940年 当時もっとも新表現に先取的存在であったとされる青龍社
       (川端龍子が中心の会)の主催する第12会青龍展に『隅田河岸』が入選
       その後徴兵・召集される

 1945年 シベリアに抑留される
       カザフスタン辺りで石炭採掘の工員として強制労働をし、そのときの
       情景や想いなどが、後の横山の作風に影響されたとされており、
       『カザフスタンの女』等に当時の印象を色濃く残している

 1950年 復員し、帰国する
       戦争で中断していた制作を再開する

 1951年 杉田基子と結婚する

 1956年 初の個展を銀座で開催
       『炎炎桜島』で青龍賞を受賞

 1957年 東京都台東区谷中の五重塔が無理心中の男女によって放火、炎上
       消失後のその様子を描く(『塔』)

 1960年 自らの作品を焼却する
       『赤富士』の連作が人々の人気を集め、一躍有名画家となる

 1962年 日本画の新たな表現を目指し、青龍社を脱退する

 1963年 新たなる新生横山としての第一回個展・越後風景展を開催

 1966年 多摩美術大学日本画科の教授に就任
       「被害者になるな、加害者になれ」という自らの生き様を彷彿と
       させるような言葉で指導し、また、生徒達に人望があった

 1971年 酒の飲みすぎにより)脳卒中で倒れ右半身不随となる
       回復後は左手で制作を続けた

 1973年 4月1日新作の制作途中に没 享年53歳
横山操画面に戻る
カウンター