ホーム > 現代美術作家 > 吉原治良 > 吉原治良略歴

吉原治良(1905-1972)

 1905年 大阪市の油問屋(後の吉原製油、現在のJ-オイルミルズ)の御曹司として生まれる

       北野中学校在学中に油絵をはじめる

 1925年 関西学院高等商業学部入学の頃に芦屋へ転居した。

 1928年 北区中之島3丁目に移る
       独学で油絵を始め製油会社の社長をしながら、抽象画家として活躍する
       初個展を開き公募展などにも絵画を出展した

       当初は魚を題材に描き、敬愛する藤田嗣治に作品を見てもらう機会を得るが独自性
       のなさを指摘され、幾何学的な抽象絵画へと徐々に転換した

 1938年 東郷青児主催の二科会の抽象画家らと「九室会」を結成

       戦後は吉原製油社長としての実業のかたわら絵画・デザインの発表を再開し、やがて
       不定形の形を激しい筆致で描いた抽象画(のちにフランスでのアンフォルメル運動と
       の同時性が注目された)を描き始めた

 1954年 前衛的な美術を志向する「具体美術協会」を結成しリーダーとなった
       芦屋の公園での野外展示に続き、東京の小原会館などで大規模な具体展を開催し、アン
       フォルメルの主導者であったフランスの美術評論家ミシェル・タピエらの注目を集めた

 1962年 中之島にあった自分の所有する土蔵を改造して具体美術協会の本拠となるギャラリー
       「グタイピナコテカ」を開き、会員たちの個展を開いた

 1960年代 円をモチーフとした簡潔な抽象画で新境地を開く
  
 1967年 日本国際美術展国内大賞を受賞
  
 1972年 芦屋市で死去
吉原治良画面に戻る
カウンター